アルスノヴァの放課後デイサービスの職員が作った、アルスノヴァ独自の支援記録用紙「人マトリックス(通称:ヒトマト)」について、対人援助学会第4回年次大会(12月8日、神奈川県立保健福祉大学)にて、「障害児支援における記録用紙「ヒトマト」導入の効果―支援員の障害児支援に対する「援助・援護・教授」機能に着目して―」というタイトルで、発表してきました。

「対人援助」というテーマの下に集まった、他の福祉施設の職員の方や研究者の方に、ヒトマトを用いた振り返りの方法とその効果について、聞いていただくことができました。障害福祉に携わる方はもちろんのこと、小学校や幼稚園の先生など他分野の方からも、「ぜひ取り入れてみたい」という声を聞くこともできたのは、学会で発表してみたからこその収穫であったと思います。

今後も、学会や展覧会を含め様々な場や手法を通して、アルスノヴァの取り組みを社会にむけて発信していくとともに、そうした機会に観客や聴衆の皆様からいただいたご意見やアドバイスを真摯に受け止め、日々の実践にフィードバックし、よりよい支援を探究していきます。

スライドショーはコチラ

配布資料(PDF)をご希望の方は、lets-arsnova@nifty.comまたは053-440-3176までご連絡ください。
[PR]
# by take-bun | 2012-12-10 13:05 | arsnova
アルスノヴァの職員が日々の支援の中で見つけたエピソードを展示する、ドキュメント展「佐藤は見た!!!!!!プラス」が開催されます。

e0150642_1335678.jpg


e0150642_1334730.jpg

[PR]
e0150642_130381.jpg


最近、みんなの居場所には…

e0150642_12595376.jpg


休憩スペースと本棚ができて、

e0150642_131227.jpg


e0150642_1304865.jpg


メンバーのりょうがくんやまいちゃんの作品が飾ってあります。

e0150642_1315140.jpg


奥の和室には、畳と、テーブルと、ソファが入って、
勉強したり、打ち合わせしたり、まったりお茶を飲んだりできます。

快適です。


「みんなの居場所」は、10月平日の10時〜18時まで、ほぼ毎日オープンしています。
9月23日にはオープニングイベントもあるので、ぜひお越し下さい。

e0150642_1321559.jpg

[PR]
# by take-bun | 2012-09-12 12:59 | arsnova
e0150642_11503289.jpg


真夏のある日、炎天下、なにやら見慣れない道具を背負って、小学校の校庭へ向かう女性の姿。彼女の名前は、Katie Funnel(ケイティ・ファネル)さん。イギリス出身で日本語堪能な29歳です。

ケイティさんは、染色、糸紡ぎ、編み物、織物などなど、糸を使ったものづくりが大好き。そこで、今年は、「アーティスト・イン・ネイバーフッド」と題して、彼女の特技を活かしてアルスノヴァと近隣の子どもたちが共に過ごす場を作ることになりました。

夏休み中は、ケイティさんと一緒に、アルスノヴァの近くにある入野小学校の校庭に行って、そこで出会った小学生たちと糸を使って遊んだり、おしゃべりをしたり、サッカーをしたりして遊んでいます。

e0150642_11505444.jpg


水で濡らした繊維に、染料をジャバジャバかけて、色をつけていきます。

e0150642_11511373.jpg


レンジでチン!すると色が定着するんだとか。いろんな色の繊維の塊ができました。

e0150642_11524899.jpg


めずらしい道具に小学生も興味津々。くるくる回して糸を紡ぎます。

e0150642_12561733.jpg


できた糸をうんていに張って遊んでみました!
[PR]
# by take-bun | 2012-08-22 11:49 | arsnova
アルスノヴァの道向かいにある、取り壊しが決定している空き家で、この秋から冬にかけて「みんなの居場所」を実験的にオープンします。「みんなの居場所」は、子どもたちから大人まで、近隣の方々が自由に来て休憩をしたり、遊んだり、作業をしたりできるコミュニティスペースです。

夏休み中の現在、放課後等デイサービスを利用している子どもたちが、毎日庭で水遊びをしています。また、自立訓練を利用しているメンバーと一緒に、ちょっとずつ改装と掃除をはじめました。

e0150642_11372496.jpg


見通しがよくなるように壁はがし。

e0150642_11375318.jpg


奥まで見通すと広い!風が抜けて気持ちいい!

e0150642_11382124.jpg


ここは、アーティスト・イン・ネイバーフッドの作業場になる予定。

e0150642_1141178.jpg


早速りょうがくんのアルファベットも!
家の中のあちこちにあるので、探してみるのも楽しいかもしれません。

日曜大工が好きな方、空き家で子どもたちと何かしてみたい方、ぜひぜひ遊びにいらしてください。
[PR]
# by take-bun | 2012-08-22 11:30 | arsnova
アートの手法を用いて社会的課題に取り組む全国各地のプロジェクトが参加している、アサヒ・アート・フェスティバルに、今年も参加します。

昨年に引き続き、アルスノヴァの日常を切り取ったドキュメント展「佐藤は見た!!!!!!プラス」を開催する他、アーティストの滞在制作を通して、アルスノヴァと近隣の子どもたちとの交流を深めていく「アーティスト・イン・ネイバーフッド」を実施します。
[PR]
# by take-bun | 2012-08-20 12:57 | arsnova
NPO法人クリエイティブサポートレッツでは、当法人の運営する障害福祉サービス事業所の職員を募集しています。みなさまのご応募お待ちしております。

NPO法人クリエイティブサポートレッツ障害福祉サービス事業所スタッフ(期間限定常勤スタッフ)就業場所 障害福祉サービス事業所アルス・ノヴァ 静岡県浜松市西区入野町8923-4
採用人数 1名
応募締め切り 2012年6月11日

【雇用概要】
給与 月給18万円 各種社会保険完備(社会、年金、労災、雇用)、賞与あり
期間 H24年7月1日-H25年6月30日(期間終了後、協議の上、継続雇用の可能性あり)
就業時間 9:00-18:00 または 10:00-19:00
休日 週休2日制(日曜祝日、平日)
勤務地 静岡県浜松市
その他 勤務時間内でヘルパー2級講座受講、取得。要普通自動車免許(AT限定可)

【業務内容】
 施設を利用している障害のある人の日常生活で必要な技能の習得を支援しながら、彼ら彼女らの個々の特性を丁寧に探り、型にはまらずに、その人にあった支援展開をつくっていく仕事です。
 人を既存の仕組みや方法に当てはめるのでなく、自由な発想と考えを持って、その人個人をもとにしてメニューや仕事を新たにつくりだします。
 また近隣地域と協働したアートプロジェクトや、アーティストや研究者とのプロジェクトなども業務に含まれ、多様なコミュニケーション力、企画力、実行力が求められます。
 福祉業界での就業など資格や経験は問わず、クリエイティブで柔軟な発想を持ち、好奇心旺盛な方を募集します。楽器演奏、デザイン、ウェブデザイン、木工、設計、イラスト、企画、作品制作、撮影、映像編集、機織り、陶芸などの技術や経験を履歴書にご記入ください。

【応募方法】
1)e-mailにて履歴書(写真添付)をお送りください。書類審査を行います。
2)書類審査通過者に対して、後日面接日を通知いたします。

【送信先】
NPO法人クリエティブサポートレッツ
申込み専用メールアドレス apply@mbr.nifty.com

【お問い合わせ先】
NPO法人クリエティブサポートレッツ
〒432-8061 静岡県浜松市西区入野町8923-4
e-mail lets-arsnova@nifty.com
[PR]
# by take-bun | 2012-05-11 19:49 | 募集
 クリエイティブサポートレッツは、昨年4月に浜松市西区入野町に障害福祉サービス事業所アルス・ノヴァをオープンさせました。閉じてしまいがちな福祉施設をいかに地域に開き、日常的な関係をつくってゆくかを常に模索し、福祉施設の社会資源化というテーマを法人内で議論を重ねています。その議論の根底には、人を認めるソーシャルインクルージョンの考えがあります。

 この連続ワークショップでは、社会的包摂やユニバーサルデザインという言葉でも表されるソーシャルインクルージョンの精神を、参加者個々人の考えを基に深め、その実践を行ないます。

 人を認めるという行為は、人と人のことである以上、コミュニケーションにそのヒントがあり、唯一の手法となってきます。私達のコミュニケーションを突きつめていくことで、偶然にしかみえない、奇跡のような、ごくあたりまえの人同士の出会いが起こる確率を上げることにつながっていかないだろうか?それによって私達の社会がより豊かになる道が見つからないだろうか?

 長年コミュニティに関わり、実践、考えを進めている講師とともに、具体的な作業も交え、行動し合い、話し合い、考え合う体験機会を用意します。

1. 10月15日(土)午後1:00 @かぎやハウス 誰もが はじめに「何故?」と聞く
2. 11月15日(火)夜   偶然の起こる確率 を上げるために
3. 11月26日(土)午後 レリバンス(relevance):意義の収集
4. 12月6日(火)夜  未定
変更となりました→12月13日(火)夜
5. 12月17日(土)午後 未定
6. 1月21日(土)午後  練習問題を解く
7. 1月31日(火)夜  質素であることの世界
8. 2月11日(土)午後  問いを生み出すために しなければならないこと
9. 2月21日(火)夜  町外れの橋を探して
10. 3月10日(土)午後  Street from your property

※全10回通しての参加をおすすめしますが、必ずしもそうでなくとも参加できます。お気軽にお申込みください。
※正確な開始時間は、参加者のみなさんにお知らせいたします。

【会場情報】
かぎやハウス 浜松市中区田町229-13 かぎやビル2F、田町交差点

---------------------------------------
10回シリーズワークショップ
「Riddle around the communication 10の問いかけ」 

コーディネーター:ホシノマサハル(コミュニティアーティスト)
主会場:障害福祉サービス事業所アルス・ノヴァ
※内容により会場の変更の可能性がございますが、参加申し込みされた方にはご連絡させていただきます。
お申込み先:NPO法人クリエイティブサポートレッツ 
apply@mbr.nifty.com(申し込み専用)

[PR]
# by take-bun | 2012-03-10 19:49 | 募集
トークシリーズ23「現場のいま 社会のいま」
「ためらいつつ傍らにいつづけること」
西川勝


 どう手を差し伸べれば、関わればよいのだろう。看護には揺るぎない根拠も、決まった方法もない。医療者・治療者である以前に、関係の当事者として、人に寄り添い、かすかな声や身じろぎの意味を聴き落とさぬよう、目的も方法も捨てて、「ためらい」つつ、傍らにいつづけること…。関わり合う現場で、ほかの誰でもない「その人」の生から学んだこと、そこにこそ、愛や人の尊厳について考えるヒントがあり、実践にホントウに役立つ指針、「そんなときの助け」がある。(「BOOK」データベースから)

 今回のゲスト・西川勝さんの著書「ためらいの看護 臨床日誌から」の内容説明文です。
社会の中では人の役割を簡易的に説明する肩書きがありますが、相手の人生に登場するという意味で、肩書き以前に人として相手との「関係の当事者」なのではないかと思います。ここでは、「看護には揺るぎない根拠も、決まった方法もない」とありますが、それは人と人の関係、その関係の連なりでできている社会生活でも共通する部分があるのではないでしょうか?

「ためらい」つつ傍らにいつづけること…

 「ためらい」。自信がないように見える姿かもしれませんが、目の前にあることの“そのまま”を受け取り、それに対しての自分なりの方法を考え続ける。そんなことのように思えました。その実際のところ、その周辺にまつわるお話を、大阪大学コミュニケーションデザインセンターで、特任教授をつとめられる西川勝さんをお迎えして、お聞きしようと思います。
みなさん、ぜひご参加ください。


ゲストプロフィール
西川勝
大阪大学コミュニケーションデザインセンター(CSCD) 特任教授(介護、臨床哲学)
2003年 大阪大学大学院文学研究科臨床哲学博士前期課程修了。
精神科病棟での見習い看護師を皮切りに、人工血液透析、老人介護施設と職場を移しつつ、二十数年にわたって臨床の現
場での経験を積む。その一方で、関西大学の二部、大阪大学大学院文学研究科にて哲学を学び、看護の実際に即してケアのあり方をめぐる哲学的考察をおこなう。現在は「認知症ケア」に関わるコミュニケーションの研究・実践を進行中。

---------------------------------------
同時開催!
コミュニケーションを核とした地域づくりを推進する人材育成事業
「個人的視点から導きだした社会課題にアプローチする ~研修生3名による企画プレゼンテーション~」

 昨年11月から1年間、トークシリーズの運営、ワークショップ参加、現場研修、トークイベント開催など、多くのプログラムをこなしてきた3名の研修生が、それぞれ選んだテーマ(社会課題解決)にアプローチする企画をまとめました。その企画のプレゼンテーションを行います。
 3名がこの1年間、感覚をフルに使って、感じ取り、考え、進んできた末の3つの発信です。
 この事業にあたり、彼ら3名にさまざまな機会や出会いを提供していただいたみなさまにも、また彼らのことは知らなくても、自分の興味から社会性のある企画を導き出すということに興味ある方にも、ご参加いただければと思います。19時からのトークシリーズ23とともにぜひ。

発表者
水越雅人、佐藤啓太、横山明香
アドバイザー
山口祐子(元浜松市議)、小林芽里(特定非営利活動法人浜松NPOネットワークセンター事務局長)、岸井大輔(劇作家)

---------------------------------------
トークシリーズ「現場のいま 社会のいま」23 西川勝さん
「ためらいつつ傍らにいつづけること」
日時:2011年10月31日(月)19:00~20:30

コミュニケーションを核とした地域づくりを推進する人材育成事業
「個人的視点から導きだした社会課題にアプローチする ~研修生3名による企画プレゼンテーション~」
日時:2011年10月31日(月)20:45~21:30

会場:たけし文化センターARSNOVA(浜松市西区入野町8923-4)


お問い合わせ・お申し込み先
NPO法人クリエイティブサポートレッツ
lets-arsnova@nifty.com (お問い合わせ専用)
apply@mbr.nifty.com (申し込み専用)

[PR]
たけし文化センターから、10月のトークシリーズのお知らせです。
ご案内が遅くなり申し訳ありません。
参加費は無料ですが、各回定員20名ほどとなっています。お申し込みは、
apply@mbr.nifty.comまでメール、または053-440-3176までお電話ください。
みなさまのご参加お待ちしています。


トークシリーズ22 延藤安弘さん
「まちの縁側から、自分たちが主人公のまちづくり」
日時:2011年10月24日(月)19:30~21:30
会場:たけし文化センターARSNOVA(浜松市西区入野町8923-4)

今回のゲスト、延藤安弘さんが行なっている、軽妙な語り口に駄洒落と2台のスライドが交ざり合い繰り広げられる物語風の街語り「幻燈会」というものがあります。
秀逸なパフォーマンスの様に耳に入ってくる、この語り口調には、地元に住んでいなくてもその街に向けての気持ちが盛りたてらます。

もし自分が愛着を持つ街が題材になった幻燈会を聞いたとしたら…
かなり多くの地元人が自分たちの住んできた街の魅力を再発見し、それを知っている自分たちこそがそれを伝えつくっていかねばならない、と自負を新たにするのではないだろうか、と思わせられます。

建築工学科の大学生だった1960年代、周りの学生が大手ゼネコン、大手建築会社に就職する風潮が当たり前だった当時、社会学的な視点を持ち一人はぐれもんだったといいます。その後、京都大学大学院を経た70年代から、「地域に根ざしたコミュニティをつくろう」と研究、活動してこられた、ということです。

「成功した街にたまたま素地があったから」という言葉には、すべての地域、すべての人たちがデザインに関わる条件をそなえていると反論し、子育て、まち育てはやる気づくりであり、弱い専門家は、カタチありきでなく、人ありき、暮らしありき、命ありきだと言っておられます。

そんな視点と語りに触れてみませんか?


ゲスト・プロフィール
延藤安弘さん
レンゲ畑のひろがる大阪に1940年12月生まれる。北海道大学工学部建築工学科卒業、京都大学大学院修了。京都大学助手、熊本大学教授、名城大学教授、千葉大学工学部都市環境システム学科教授をへて、2003年4月からNPO法人まちの縁側育くみ隊代表理事。2005年4月から愛知産業大学大学院教授。エ学博士。
 京都のコーポラティブ住宅ユーコート、熊本のもやい住宅Mポート、神戸の真野地区まちづくり、世田谷のまちづくり、千葉・高知・北海道・中部圏等、全国各地の住民主体の住まい・まち育てにかかわってきた。今、名古屋の都心の「錦二丁目まちの会所」を根拠地にして、地元のまちの再生と全国各地のまちの縁側育み、多様なまち育てに身をのりだしている。2008年国立台湾大学客員教授を機縁に、台湾の原住民居住文化の継承と再創造プロジェクトにもかかわっている

※建物前の駐車スペースに空きがなかった場合お手数ですが、3軒東隣りのJAの駐車場か、アルス・ノヴァのある道(旧雄踏街道)の一本北の東西に走る道にある郵便局2軒西隣りの駐車場をご利用ください。その場合、地面にある木枠に囲まれた中に駐車してください。八幡神社の脇を抜けて歩いてアルス・ノヴァに出られます。

これまでのトークシリーズの様子は、専用のブログでご覧になれます。
トークシリーズ 現場のいま・社会のいま
http://talkevent.exblog.jp
[PR]
「佐々木さんと山歩き」第二弾のお知らせです。


障害福祉サービス事業所アルス・ノヴァの児童デイの主任・佐々木さんは山登りが好きです。昨年のゴールデンウィークには、仕事が終わった日の夜に出発し、5日間車中泊で九州中をまわり、休み明けの早朝に帰ってきて、そのまま仕事という強行スケジュールを敢行していました。


第一弾では2名の便乗者とアルスノヴァスタッフ2名の計4名にて、山梨県の大菩薩峠に登山しました。ツツジを見ながらの緩やかな登山で、山頂はあいにくの曇りで富士山を拝むことはできませんが、暑さに悩まされずにすみました。帰りに温泉に立ち寄り満足の登山となりました。

次は11月に神奈川の丹沢山塊、鍋割山に紅葉を見に登山する計画があります。空気がよければ富士山が見え、神奈川や関東を一望できます。一緒に行ってみたい人がいればいかがでしょうか。

これはサービス提供をするツアーや講座などではなく、あくまで「便乗」です。気楽さはありますが、各自で体調管理はお願いします。
登山時間はゆっくり歩いて6時間から7時間ほど。初心者でも問題ないコースです。ただし鍋割山は標高の高い山ではありませんが、それなりの防寒具が必要です。
また、本格的な装備は必要ありませんが、登山靴(安いものもあります)をおすすめしたいと思いますので、参加される方には事前の説明会にきていただきたいと思います。
注・車で片道3時間ほどです。車に弱い方はご遠慮願います。

------------------------------------------
「佐々木さんと山歩き」
行き先:鍋割山(神奈川)
日程:2011年11月6日(日)
※雨天延期。前日夜にご連絡いたします。

スケジュール
 AM6:00 集合(集合場所は皆さんの都合で相談して決めます)
 AM9:00 鍋割山到着・登山開始
 PM16:00 下山
 その後、温泉により食事をすませます。
 PM8:30~10:00頃 浜松着

同行者:佐々木康博(アルス・ノヴァ児童デイサービス主任)
    水越雅人(NPO法人クリエイティブサポートレッツ・スタッフ)
    山下健太(アルス・ノヴァ児童デイサービス職員)
  平山友美(アルス・ノヴァ児童デイサービス・スタッフ)

費用:2500~3000円(交通費実費のみ)

定員:3名

参加希望の方は、apply@mbr.nifty.comまでメールをください
事前説明会は一週間前には行います。日程はこちらからご連絡します。

---------------------------------------------
鍋割山(神奈川)

[PR]
# by take-bun | 2011-10-14 20:36
e0150642_19382282.jpg


こまちんぐインタヴューイベント。今回で10回目、最終回を迎えました。
お話いただいたのは「ゆるり」のご主人、花島べんさん。
海外での生活経験のお話から現在に至るまで、そして今現在の関心から今後に向けてのお話をいただきました。

裏原宿文化が発生しだしてきた90年代前半、花島さんは東京でオープンカフェの店員さんをされていました。当時日本は、バブル景気の陰りを迎えてきた頃でありながらも、現在よりも東京のシーンには面白みがあった、といいます。
オープンカフェに来店するお客さんの中には多くの外国人の方がいて、彼らに接していくうちに海外への関心が高まっていった、といいます。
「知らない土地や人と出会いたい」という思いから、20歳の時に渡英をされます。
それから7年近く、イギリスを始めインドやアジア圏での海外生活をされ、日本での生活との違い、人々の感覚の違いを感じたといいます。
そして、日本の教育概念やメディアから抜け出せたのがプラスになった、今現在でもそのようなコントロールを日本社会には感じている、といいます。

インドのとある田舎では、海外からの旅行者の侵入を許さない土地もありました、それは西洋文化を取り入れたくない思いからだったそうです。
しかし一方で、レストランや宿泊所にはコカコーラがあったりと、少なからず西洋を感じるものがあったのも事実でした。
また、長期間をインドの田舎町で生活した際には、薪くみや、数時間をかけて隣町まで買い物に出かける生活をするなど、現地の人々の中での生活もしました。
様々な所に行き、どこに行ったかよりも誰と出会ったかが大事、と花島さんは言います。

まず浜松に住みたいという思いから、日本に帰国し、これからも旅を続けたい気持ちと、身の周りの友人にクリエイターが多くいたのをキッカケに「ゆるり」の経営を始めます。
そして、浜北森林公園での音楽イベントを運営。2001年から現在まで7回開催されました。
役所との交渉では、トラブルを敬遠しての反対に会い、現在難攻している、といいます。
「音楽の街」と言いながらも音楽イベントができないこと、普段お互いに出会えない人・見えない人同士が、音楽によって集まることのできる場を作れないことに、悔しさを感じている、といいます。

最近、サーフィンやポルタリングを始め、自分自身の好奇心から新たに動き出すことが増えたといいます。常に初心を忘れず、謙虚に物事に向かい合っていきたい、といいます。

好奇心を持って社会を捉え、そこから新たに生みだし、創造していく姿を花島さんから強く感じました。

(さとう)
日時:2011年9月28日(水)19:00~21:00
場所:たけし文化センターINFO LOUNGE(インフォ ラウンジ)
[PR]
# by take-bun | 2011-10-12 19:40
e0150642_19205769.jpg


浜松市という場で全国からも注目を受けるミソノイサイクルさん。
ここ浜松で経営をされている中で、「商い」と「ビジネス」の違いについて、まずお話をいただきました。

「ビジネス」が比較的無駄を省き、経営的な面を優先するとするならば、「商い」は、目の前に人がいて対話を必要とするもの、といいます。
対話の中には、その人が何を求めているのかを見ていく意識が含まれ、その姿勢は医者が患者に向う姿と同じものがあり、「カウンセリング」と捉えられています。

ミソノイサイクルさんには、関東圏のお客さんや、九州・北海道などの遠方より来店される方もいます。それは、ここでしか納得しないサイジングがあるからなのです。(サイジングとは、乗車する人と自転車とのフィッティングを行うことです。)
手間隙かけて行う姿勢が全国的な評判を呼んでいるのかもしれません。

最近では、来店するお客さんの層に変化が見られ、年配の方や女性の方も増えてきたそうです。20代後半のゲーム世代と呼ばれる若者も、外を感じたいということから来店されることも増えました。
また、ミソノイサイクルさんでは、以前より静岡大学のサイクリング部とも親交があり、最初から自転車が好きでやってくるわけではない人たちとの関わりも多いといいます。

「自転車」は生活に根ざした日常の中の乗り物である一方、非日常的な感覚を感じることのできる乗り物であったりもします。
それは、バイクや車にはない、その人それぞれにあった適度な速さと、周りの音や匂いなどを全身の五感を感じながら走れる、唯一の乗り物であるから、といいます。
自転車に乗り出して「もっと早く自転車に乗っておけば良かった。」という方も多いのも、この感覚に触れてからなようです。
「自転車」との出会いが、彼らの人生観を変えることもあり、国内の自転車ツアーにあきたらずアメリカ横断を行ってしまう人や、移住をしてしまった人もいます。

昔、日本が高度経済成長していく際に自動車の普及が進み、自転車は必要無くなるのではないか、とされたこともありました。しかし、今現在も身近にあるのは自転車が人間の感覚に一番近い乗り物であるためであり、歴史上、最古のものとされていることも、今現在も人を魅了してやまないことに関係するのかもしれません。

一方で、街に目を向けたお話もしていただきました。

日本において「街中の開発」となると、参考となる街並みを視察し、そのまま良いところだけを持ってきているように感じる、と言います。
その状態に行き着くまでには、人が居て、その場所で生活をしてきた歴史があり、そこから生まれてきた街の姿であることを忘れてはいけない、と言います。今ないものをヨソのモノで補うよりも、元々ある良いものを発見することが必要だ、と感じました。
そして意見を述べる者同士、毛色が違うものであり、意見が全会一致することは、本当は無いのかもしれません。100人いて1人意見が違っていれば、その1人の意見を抹消せず、その違いが何なのか皆で向き合い、検討するべきである、と言います。

その眼差しの中には、「人に意識をむけた姿勢」がどのような場にも必要であること、を私は感じました。
サイジングに見られる、乗る人と自転車とのフィッティングをする姿は、街への見方にも通じていると感じました。

(さとう)
日時:2011年9月7日(水)16:00~17:30
場所:たけし文化センターINFO LOUNGE(インフォ ラウンジ)
[PR]
# by take-bun | 2011-10-12 19:21
アーティスト・イン・ネイバーフッド 町の調査団編(仮)
公開会議「アートマネージメントっぽい人3人で町の調査団をどうやるか?」

参加者
野田智子(アートマネージャー)
蛇谷りえ(アーティスト)
石幡愛(東京大学大学院教育学研究科博士課程)
鈴木一郎太(NPO法人クリエイティブサポートレッツ)

 クリエイティブサポートレッツは、昨年4月から浜松市西区入野町に障害福祉サービス事業所アルス・ノヴァをオープンし、閉じてしまいがちな福祉施設をいかに地域に開き、日常的な関係をつくってゆくかを常に模索して運営しています。そのひとつのきっかけとして、古くは隣の佐鳴台も町内に含み、浜松市西部の拠点地域として発展してきた入野町を外部の視点を入れて調べてみたいと思っています。固定されない視点で調査をしてゆくことで、さまざまな企画がうまれる土壌をつくることができるのではないか、という思いからです。

 11月から浜松市入野町で町の調査団を立ち上げます。その船頭役として3名のアートマネージメントの知識と実践経験を持つ人にお願いしました。
 それぞれの興味はどこにあるか?どのように、プロジェクトを進められるか?そもそもどんなプロジェクトになるか?などの初会議をします。
お互い知ってはいるものの、3名がこのプロジェクトのために顔あわせるのは初めてなので、いろいろなことを、それぞれの角度から、グダグダぐるぐるもやもやする会話をしていると思いますが、メンバー的にはディープなアートマネージメント、アートプロジェクト、地域コミュニティの話が時折出てくるのではないかと期待できるので、会議を公開にしようと思います。アートマネージメント、文化政策、地域マネージメントなどに興味ある方にとって有益なものとしていただける可能性があると思いますので、お時間ある方はご出席ください。

 尚、公開といっても、原則としてこのプロジェクトのために主催者含め4人の意思疎通をはかることが目的です。会議はがっつりしないと本末転倒となるため、言葉選びなどについての配慮は少ないことをあらかじめご了承ください。

また、調査団参加に興味ある方も随時募集しています。こちらに興味ある方は、NPO法人クリエイティブサポートレッツ(apply@mbr.nifty.com)までご連絡ください。

-----------------------------------------
アーティスト・イン・ネイバーフッド 町の調査団編(仮)
公開会議「アートマネージメントっぽい人3人で町の調査団をどうやるか?」

日時:2011年10月4日(火)16:00~20:00
場所:たけし文化センターINFO LOUNGE    
    静岡県浜松市中区田町327-13 万年橋パークビル1F
申し込み不要

[PR]

現在、浜松市の委託を受けておこなっている人材育成事業の一環として、浜松市中心市街地で活躍されている人へのインタビューを毎月1回、公開で開催します。
トークイベントではなくスタッフ主導のインタビューですが、ご興味ある方は聞いてみたいことを用意してご参加ください。

昨年の12月から始まった「こまっちんぐ」も、いよいよ最終回となりました。
最終回は、第8回のゲスト 美容室「enn:」の林久展さんからのご紹介で、田町にある万年橋パークビルの裏手にある服屋さん「ゆるり」のご主人、花島べんさんにお話を伺います。

花島さんは、2000年5月に現在の場所に「ゆるり」をオープンしました。衣服の販売と併行して、オーガナイザーとして音楽イベントを催したりもしています。ご自身も以前はDJをやられていたそうです。
また花島さんは、旅が好きで現在も定期的にインドやネパール、イギリスなどに行くそうです。イギリスには20歳頃に留学をしていて、そこで音楽やファッションに強く影響を受けました。それが「ゆるり」のオープンにも繋がっています。

当日は、「たけし文化センターINFO LOUNGE」を会場に行います。参加をご希望される方はレッツまで事前予約をお願い致します。


「ゆるり」HP→http://yuruli.com/

-------------------------------
【こまっちんぐ10 「ゆるり」の花島べんさん】
日時:2011年9月28日(水)19:00~21:00
場所:たけし文化センターINFO LOUNGE(インフォ ラウンジ)
    浜松市中区田町327-24 万年橋パークビル1F
定員:5名(要予約)
お申し込み先:NPO法人クリエイティブサポートレッツ apply@mbr.nifty.com
-------------------------------

[PR]
# by take-bun | 2011-09-23 15:32
←menu