<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

たけし文化センターのブログへようこそ。
たけし文化センターは、静岡県浜松市に拠点を置くNPO法人クリエイティブサポートレッツが運営する文化事業の名称です。
このブログではたけし文化センターの活動と最新情報をお届けします。

たけし文化センターとは?
たけし文化センターは、「くぼたたけし」という一個人の「やりたいことをやりきる熱意」を文化創造につながるもっとも重要な部分として捉え、そうした彼の功績を讃え始動した公共文化施設プロジェクトです。
「個人の持つ文化の発信拠点」として、あらゆる人の技術や表現力、特性を掘り起こし、そうした文化のつながりやすり合わせから生まれる新しい「なにか」を、広く社会に発信していきます。
またたけし文化センターは、そのつど対象となる場所や組織や人の持つ(付随する)想いを文化発信とシステムづくりを通して具体化し、関わる人すべてにとって都合のいい形での成就を志します。

くぼたたけしとは?
1996年2月1日静岡県浜松市に重度の知的障害児として生まれる。現在、静岡県立浜松特別支援学校高等部3年生。紙をやぶったり、石をボウルで転がしたり、キラキラしたものを追いかけたり、毛布の中にくるまったりと自らが心地よいと感じることを追求する行為を得意とし、不快なことに対しても敏感に反応を示すが、さまざまな状況に対する適応力もあり、学校での生活などを通して社会性も育まれている。とにかくよく動く。



現在、法人の運営する二つの拠点のディレクションをしながら、その他地域の様々な場面に関わっています。
障害福祉サービス事業所ARSNOVA(アルス・ノヴァ)

障害福祉施設アルス・ノヴァの紹介
設立10年目を迎えたNPO法人クリエイティブサポートレッツが2010年4月に開設した障害福祉施設。知的、精神、身体の三障害をもつ人たちを対象とした、自立支援法に基づいたサービスを提供している。
運営方針には、母体であるクリエイティブサポートレッツの理念を色濃く反映しており、自己肯定感を持ちながら、人として幸せに生きてゆくことを第一に考えている。障害を個性と捉え、個人個人のやりたいことや秘められた能力にあわせてプログラムを組み、個々の特性を基にした社会とのコミュニケーションのあり方を追求している。

現在提供している福祉サービス
児童デイサービス(児童対象の放課後支援)
生活訓練(18歳以上の大人を対象としたデイサービス)
生活介護
日中一時支援

アルス・ノヴァのブログ
welfare!!!?!!!!! 障害福祉施設の類まれなる日常
   アルス・ノヴァの日常を題材にした4コマ漫画(不定期連載)

たけし文化センターINFO LOUNGE(情報センター)
浜松市中心部に位置する立体駐車場の1階に、2010年6月オープンした情報センター。常時数百のイベントや店舗情報チラシが集積されている。
チラシは常時受付中ですので、持ち込みまたは郵送でお届けください。

たけし文化センターINFO LOUNGEのブログ
[PR]
←menu