<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2月に予定しておりました座波カルロスさんの回は延期となり、現在日程調整中です。もうしばらくお待ち下さい。

12
2011年4月14日(木)19:30~21:30
立木祥一郎(teco LLC代表、青森県立美術館元学芸員、八戸ポータルミュージアム立ち上げ主任)
 「テコの原理 ソーシャルベンチャーteco LLCの人を繋げるデザインと発想」
会場:山崎さんの住むビル 浜松市中区成子町56
   ※有料の駐車場をご利用ください。


「てこ」は、小さな力で大きなものを動かす、最初の美しい知恵です。(teco LLCホームページより)
 ソーシャルベンチャーteco LLCの「発想」「デザイン」「ソフト面に重きをおいた運営」の実際を、岩手県宮古市の崎山貝塚縄文の森展示デザイン実施設計、青森県弘前市の吉井酒造煉瓦倉庫アートセンター開館準備などを事例とした、紹介をしていただこうと思います。
なかでもteco LLCが施設活用基本計画を作成し、開館プレ事業として街を改めて掘り起こすさまざまな事業を展開しながらの準備を進め、2011年2月11日に開館した八戸ポータルミュージアム(hacchi)の事前計画と実際の違いは興味深く聞かせていただけそうです。

立木祥一郎
1962年東京生れ。東北大学文学部卒業。川崎市市民ミュージアム映像部門学芸員を経て、青森県立美術館開設準備に携わり、建設基本計画、設計コンペ、基本・実施設計や奈良美智、寺山修司などのコレクションを担当。2002,2005,2006年には弘前市の吉井酒造煉瓦倉庫で一連の奈良美智展を企画。
延べ17000人のボランティアスタッフを組織し、16万人の観客を動員した。現在、2008年にソーッシャルベンチャーtecoLLCを設立。アートとデザインによる多角的な社会貢献プロジェクトを展開している。



13
2011年4月28日(木)19:30~21:30
吉本光宏(株式会社ニッセイ基礎研究所芸術文化プロジェクト室長)  
「アートから起動する地域のイノベーション」
会場:クリエート浜松 5F 児童室 浜松市中区早馬町2-1
 

高さ15mの巨大な少女と12m象の操り人形が、ロンドン中心部を練り歩いたロワイヤル・ド・リュクス(Royal de Luxe)というフランスのストリートアート劇団の公演が2006年にありました。路上には人があふれ、ゆっくりと少女と象がそこを割って進み、子どもが少女の腕に乗ったり、象が水しぶきをあげ、なんとも楽しげな光景でした。ロンドンの中心部で4日間交通制限しおこなわれたこの催しは、警察・消防・行政といった多くの関係各所から許可を得るのに2年かかったといいます。

このロワイヤル・ド・リュクスの例は首都でおこなわれたことですが、近年、地域でアートが、その居場所として考えられていた美術館やギャラリーなどといった限定されたところを飛び出し、街のさまざまな場面で顔をのぞかせることが増えてきました。そこにはいったいどういった背景や考えがあるのでしょう?また、まちづくりや都市計画にアートが関わることによって見えてくるものはどんなことなのでしょうか?
 
吉本光宏
東京オペラシティ、世田谷パブリックシアター、いわき芸術文化交流館アリオス等の文化施設開発や東京国際フォーラムアートワーク整備事業、電通新社屋アートワークプロジェクトなどのコンサルタントとして活躍する他、文化政策や公立劇場・ホールの運営・評価、クリエイティブシティ、アートNPO、アウトリーチ、メセナなど、アートマネジメント分野の幅広い調査研究に取り組む。
 1997年7月~98年6月 セゾン文化財団の助成で米国コロンビア大学大学院(アーツ・アドミニストレーション専攻)に留学。



14
2011年4月29日(金)14:00~16:00
橘ジュン(NPO法人BONDプロジェクト代表理事)  
「現実少女たち」
会場:浜松復興記念館 2F 和室 浜松市中区利町302-7


「ただ目の前にいるこの子のことを知りたい」という思いで話をまるごと聞いてくれたライターと出会った少女は、大人になり、街で出会う子たちの話を聞き、彼女たちの“いま”を知り、“リアル”を伝えるライターとなっています。

リストカット、援助交際、ネットカフェ暮らし、OD(オーバードーズ)…

2006年2月に創刊した「VOICES」によって声が伝えられる少女たちに関わる事柄です。
彼女らは“いま”の“現実”を生きるためにこうしたことが必要だったりするということがあるようです。しかし、その底には家族、友人、同級生、大人など、さまざまな人とのつながりに関わる葛藤の経験があるようです。
自分自身、人とのつながりで生きてきたと話す橘さんが、のべ5000人以上の少女たちから聞いてきた話、その思いなどをゆっくりとお聞きしたいと思います。
また、一緒に活動する写真家のKENさんも参加していただけることになりました。

橘ジュン
10代の終わり、暴走族のリーダーとして取材を受けたことをきっかけに、ビデオ・レポーターやルポ執筆の活動を始める。
2006年、フリーマガジン「VOICES」を創刊。家族・傷・友人関係などをテーマに、10代へ向けた記事と肉声を編み、街で配布。これまで少女たちを中心に5000人以上から話しを聞きとり、その声を伝えつづけてきた。
2009年、NPO法人bond-PROJECTを設立。女性向けネットカフェ「MELT」を拠点に、活動をさらに広げている。(著書「漂流少女」より)
著書に、「漂流少女~夜の街に居場所を求めて~」(太郎次郎社エディタス)、「VOICES~キミの声を伝える~」がある。

[PR]
岸井大輔による個人的交配キャラバン 1
「たけし文化センターに古新舜を紹介する」


こんにちは、劇作家の岸井です。
専門とか業界とか地域を越えた交流が世界を生み出しているなー
でも、見えない壁がたくさんあって、隣り合っている人たちが繋がらないこともあるなあ
と、最近ますます強く感じます。

ありがたいことに、仕事でいろんな人に出会うので、
個人的に面白いと思う出会いを創りだして公開していこうと思いました。

第一回となる今回は映画監督の古新さんと、静岡県浜松市にあるたけし文化センターです。
以下にそれぞれの経歴を貼っておきました。どちらも、おかしいです。でも、どちらもこの世界に必要な活動だと思います。

古新さんの映画を見て、たけぶんの紹介をきいて、みんなで話しましょう。

2011年3月22日(火) 19:30~21:30
場所:たけし文化センターアルス・ノヴァ 2F 
静岡県浜松市西区入野町8923-4
出演:古新舜・鈴木一郎太(たけし文化センター)・岸井大輔(劇作家)
参加費:カンパ歓迎(お申し込みは、いりません)


建物前の駐車スペースに空きがなかった場合お手数ですが、地図に記してあるアルス・ノヴァの駐車場をご利用ください。☆マークが駐車場、桜マークがアルス・ノヴァです。原則として、地面にある木枠の中に駐車してください。八幡神社の脇を抜けて歩いてアルス・ノヴァに出られます。



***

古新舜 http://www.coneyshun.blogspot.com/
こにい しゅん 1981年生 映画監督、脚本家
主な作品 『サクラ、アンブレラ』『ほわいと。ポーズ』『koganeyuki』『幸せ物語』シリーズ
幼少期から虐めの体験があり、大学時代はひきこもりをしていたとされる。当時立ち上げたHP「ネチケットってな~に!?」が多数メディアに取り上げられ有名サイトになる。23歳から映画の勉強を始め、川口市SKIP CITYにて下積みを体験。その当時仕えていた監督には、窪田崇、林弘樹などがいる。早稲田初の映画制作研究室の1期生として卒業後、デジタルハリウッド総合ProコースにてVFXを勉強。
2007年の初監督短編映画『サクラ、アンブレラ』が米国アカデミー賞公認短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバルにて入選を皮切りに、TSSショートムービーフェスティバルIV「グランプリ」、山形国際ムービーフェスティバル2008「準グランプリ(部門最高賞)」と「船越英一郎賞(最優秀俳優賞)」をW受賞の他、国内映画祭で賞を総なめする。短編2作目「ほわいと。ポーズ」にてショートショートフィルムフェスティバルジャパン部門入選、二連続の快挙を果たす。短編三作目「koganeyuki」ではミスマガジングランプリであり、第81期NHK朝の連続テレビ小説主演の倉科カナ、仮面ライダー剣の天野浩成を起用。2nd Asian Hot Shots BerlinやJapan Film Festival Los Angeles にて正式招待を受ける。春、夏、秋冬からなる季節もの短編三部作として、短編映画の世界で名前を馳せるようになる。
26歳で映画製作会社コスモボックス株式会社を設立。27歳で「koganeyuki~古新舜短編三部作~」を渋谷UPLINKにて興行。東京ミュージック&メディアアーツ尚美で講師を務める。2009年には、日米同時開催映画祭「シネリンピック」を立ち上げる。

***

たけし文化センター http://takebun.exblog.jp/
たけし文化センターは、「くぼたたけし」という一個人の「やりたいことをやりきる熱意」を文化創造につながるもっとも重要な部分として捉え、そうした彼の功績を讃え始動した公共文化施設プロジェクトです。「個人の持つ文化の発信拠点」として、あらゆる人の技術や表現力、特性を掘り起こし、そうした文化のつながりやすり合わせから生まれる新しい「なにか」を、広く社会に発信していきます。またたけし文化センターは、そのつど対象となる場所や組織や人の持つ(付随する)想いを文化発信とシステムづくりを通して具体化し、関わる人すべてにとって都合のいい形での成就を志します。現在、「たけし文化センターARSNOVA」が、障害福祉施設アルス・ノヴァに混設されています。

・くぼたたけしとは?
1996年2月1日静岡県浜松市に重度の知的障害児として生まれる。現在、静岡県立浜松特別支援学校中等部3年生。紙をやぶったり、石をボウルで転がしたり、キラキラしたものを追いかけたり、毛布の中にくるまったりと自らが心地よいと感じることを追求する行為を得意とし、不快なことに対しても敏感に反応を示すが、さまざまな状況に対する適応力もあり、学校での生活などを通して社会性も育まれている。とにかくよく動く。インコハクビーツというロックバンドのメンバーでもある。

・障害福祉施設アルス・ノヴァとは?
設立10年目を迎えたNPO法人クリエイティブサポートレッツが2010年4月に開設した障害福祉施設。知的、精神、身体の三障害をもつ人たちを対象とした、自立支援法に基づいたサービスを提供している。運営方針には、母体であるクリエイティブサポートレッツの理念を色濃く反映しており、自己肯定感を持ちながら、人として幸せに生きてゆくことを第一に考えている。障害を個性と捉え、個人個人のやりたいことや秘められた能力にあわせてプログラムを組み、個々の特性を基にした社会とのコミュニケーションのあり方を追求している。

現在提供しているサービス 
児童デイサービス(児童対象の放課後支援) 
生活訓練(18歳以上の大人を対象としたデイサービス) 
日中一時支援
[PR]
雑談:ざっくばらり
ちりじりになってしまいそうで たまってしまうこと。
「・・・」

返答を もとめないこと。
「・・・」

自分でどうにかしなきゃって 思ってしまうこと。
「・・・」

いつもの 心の内にしまう大切なものとは 少し ちがうこと。
聞き合うことはできるかもしれない。
つきぬけることはできなくても
野にはなたれるべきこと かもしれない。

トマトスープでもすすってたら なにかに ならなくてもいいことに ならないかな。


単純なお誘いです。
ざっくばらんに言葉を交わすための集まりをします。

-------------------------------
2011年3月20日(日) 15:30~18:30
場所:アルス・ノヴァ 2F 浜松市西区入野町8923-4

建物前の駐車スペースはご利用になれませんので、地図に記してあるアルス・ノヴァの駐車場をご利用ください。八幡神社の脇を抜けて歩いてアルス・ノヴァに出られます。

参加費:無料(お申し込みは、いりません)
スープを用意しますが、飲み物やおかしの持ち込み大歓迎。

協力:cafe the eel 一郎太会

[PR]
NPO法人クリエイティブサポートレッツ理事長久保田翠が参加するトークイベントのおしらせです。鳥取での開催ですが、お近くの方がいらしたら足をお運び下さい。

以下、鳥の劇場ホームページからの転載です。
---------------------------------------------------

鳥の劇場2010年度プログラム<考えるプログラム>
アートマネジメント連続公開講座 Vol.2 「芸術と社会 知る、つながる」

第二回目の「アートマネジメント連続公開講座」です。アートを切り口にさまざまな立場の方にお話をお聞きします。現在の社会のさまざまな問題を、新しい角度で考えるきっかけになるかもしれません。アートに興味のある方だけでなく、広く一般の方にもお楽しみいただけます。未来に向かって、ともに考える時間をもちましょう。

2011年3月12日(土)・13日(日)・21日(月・祝)

■2011年3月12日(土)
14:00~15:30 [つながる]やなぎみわ(美術作家)「家族と演劇」
16:00~17:30 [つながる]上田假奈代(詩人) 「やっぱり人がおもしろい。人とつながり、まちとつながり、生活につながる。大阪・釜ヶ崎の場合」

■2011年3月13日(日)
14:00~15:30 [つながる]久保田翠(NPO法人クリエイティブサポートレッツ理事長)「たけし文化センターの試み ~個人から社会へ~」
16:00~17:30 [知る]木村敬(鳥取県財政課長)「役所のどこにお金があるのか、そしてそれを食べるべきか、どうか。」

■2011年3月21日(月・祝)
14:00~15:30 [知る]田中優(未来バンク事業組合理事長)「地域の資源を活用して、地域文化を活性化する」
16:00~17:30 [知る]福井健策(弁護士・日本大学芸術学部 客員教授)「劇場法がやって来る?―法律に、社会や文化を変える力はあるのか」


会場/鳥の劇場(鳥取市鹿野町1812-1 電話0857-84-3268)

入場無料/予約はいりません
●お問い合わせは鳥の劇場(0857-84-3268)まで
---------------------------------------------------

レッツのある浜松では、3月11日(金)19:30~ トークシリーズ11ホシノマサハル(コミュニティアーティスト)、12日(土)19:30~ トークシリーズ12稲松義人(社会福祉法人小羊学園理事長)を開催します。まだ、お申込受付していますので参加希望の方は、apply@mbr.nifty.comまでメールか、クリエイティブサポートレッツまでご連絡ください。
詳細はこちら
[PR]
e0150642_1812062.jpg

パンつくり会議に1月から子連れで参加している夏目です。

みそパンに引き続き、12月からスタートしたみかんパン構想。
12月から3月にかけて、5回にわたり試作と会議を重ね、ついに「これ!」という味とトッピングが決まり、あとは食べてもらう場を整えるだけになりました!

e0150642_182116.jpg

・・・と、こう書くとあっけないですね。
いえいえ、実際の会議はもっと複雑に進んでいます。
みかんジュースにするか、みかんをつぶすか、何をつけたらおいしいか、という話の合間に、パン教室のはなし、腰痛の悩み、子どもの話、どっさり市の魅力、○×△について(わたくしの口からは言えない)、干し芋がおいしい・・・・・って、盛りだくさん、「話し合って」ます。

最初は「なんだなんだ??この会議は何のための会議だったっけ??」と目が点になったんですが、なにせこの会議、面白い。子どもも可愛がってもらえてうれしくて、何度も通っているうちに、ついに、わかってきたんです。この会のスゴイところが。

e0150642_1823176.jpg

パンつくり会議のスゴイところはこんなところ。

スゴイその1:
今までゆっくり話したことのなかった人同士、おしゃべりしながらパンを練っていることがスゴイ。

スゴイその2:
パンについて味覚を研ぎ澄まして、すり合わせるのが面白い(味覚の違いも面白い)。

スゴイその3:
お喋りしながらも、いつの間にかパンの案が固まってくるのにびっくり。

スゴイその4:
いままでにない、新しい「会議」の形式について妄想できる。

なんだか俄然おもしろくなってきました。

パンを通して人と人との新しい出会いがあり、刺激をし合っているというだけでなく、ふつうの「合理的」で「効率的」な会議では得られないプロセスがある。男性的な、結果に突き進むだけの会議とは違う、いままでにない会議の形式なのかもしれません。
女性ならではの「脱線しまくりおしゃべり」も、実は「会議」として、これから一分野を確立できるのでは・・・??・・・・というふうに、妄想が膨らんでしまうわけです。

e0150642_183780.jpg

今回のパンつくり会議みかん編終盤では、こうした小さな「会議」があちこちで発生して(パン会議、プレート会議、お裁縫会議、うつわ会議・・・etc.)、それがお互いリンクしながら、ひとつの皿(プレート)に乗ってきたらいいな、というステキな意見も出てきました。

次回からはトマトパン編がスタートします。

e0150642_184889.jpg

e0150642_1834871.jpg

[PR]
by take-bun | 2011-03-04 18:06 | 紹介
e0150642_16303242.jpg


第4回こまっちんぐインタビューイベントは、前原本光さんをお迎えしてお話いただきました。

前原さんは、東京やロンドンに在住経験があり、御本人も都市のクラブシーンを見てきたなかで、都会での確立された音楽シーンに出会い、個人としての遊びは十分に楽しめる一方、イベントを創り上げていく楽しみや、場、インディペンデントな活動の隙間が無い印象を感じていきました。

一方、浜松でのイベントを行うことに魅力を感じていき、発展途上で、開拓のしがいがあり、関東関西の大都市に挟まれ、交通面でのアクセスも良い。他地域からのアーティストも楽しんでイベントができることを実感していきました。それは、地方都市ならではのリラックスした空気が存在していたからだったようです。

浜松の中心市街地活性化の際、東京を参考とした都会に近づけていく開発は、同等かそれ以下の街しか生まないと言います。
リラックスできる場を生んでいる浜松の現状そのものが、着目すべき点であるとも言います。
郊外全体を見て、いかに市街地が機能するかを見て、どう循環されていくかに目を向けるかが大切だと言います。
現在、インターネットにより個々人が中心となり、中心と呼ばれていた街そのものの機能を見直す時期であるといいます。
様々な場から発信のできる現在、前原さんの思いは、その場、その場での良い空間を作っていきたい。または、新しい価値観を知ってもらいたい。ことにあると言います。

インタビュー後の感想
--------------------------
中心はもうない。
方向も、もう誰にも決められることはない。
声だかに再復興を求めることは、いたずらに現状を乱すことに繫がる。

今自然とあること、今発生していることを、ひたすらに目を向けていく姿勢は第一に必要である。どんな現場にも、どんな環境にも、どんな活動にも、大衆の動きの根本にある事情そのものに着目することが必要である。

人々はジャッジを求めていない。
各々が、特定の評価軸で選別される時代はもうない。
選別そのものは多様性を持つものとなるべきだ。

どちらかが大きい。どちらかが小さい。強弱の関係性は今、誰が見ても安定感を維持していない。個人が、ある特定の「やりかた」に縛られることは無くなっている。

今までの共有は半ば強制を生んでいたと感じる。この価値観が自分を変えてくれるのではないか、この価値観が救いになっているのではないか、と。

現状は、価値観そのものは自分で作って発する方法が個々人には設けられている。
何かで救われていることだけではない、個々人が各々のやりかたを模索し、生き方を見つめ直す。
その時間が誰にも変わらず在る時代になっている、と感じる。

(さとう)
e0150642_16305234.jpg

[PR]
昨日、夜な夜なやってみました。
やってみると以外とはまりますよ。
求む、男子参加者。もちろん女性参加者も。
不定期ですが水曜日の夜7時ごろからやる予定です。
参加してみたい人はご連絡ください。
e0150642_16242715.jpg

e0150642_1625199.jpg

e0150642_1625131.jpg

e0150642_16252623.jpg

e0150642_16254527.jpg

e0150642_16255659.jpg

e0150642_16262250.jpg

[PR]
←menu