<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

浜松市中心市街地となんらかの関係を持っている人をインタビューして、人の考えや想いから”街”をとらえてみる公開インタビュー「こまっちんぐ」の1回目をしてきました。
ゆりの木通り商店街の鈴木基生さんにお会いしてきました。
会場は、基生さんの管理しているビルの7Fの、シェアオフィス「machnoba」をお借りしました。

しくむより、感性にしたがって、おもしろそうな人がおもしろいことをしている場所になったら、自分が楽しいということをおっしゃってました。ざっくりまとめすぎですが・・・
自分の感性を大切に、楽しみたいからというところは、わかりやすくて、いいスタンスですねぇ。
必要以上に自分をいじめないというのも、継続していく上でとても大事な気もしました。

要所要所で人にすごく助けられているといいながら、頼りすぎている感じはなく、「なにもできないことが僕の長所」と言い切る逆転の発想をしていたり、自分を活かしていく術を心得ている人だなぁと思いました。

基生さんありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
e0150642_2046029.jpg

e0150642_20461462.jpg

e0150642_20462345.jpg

[PR]
12月のトークシリーズのお知らせです。
お申し込みは、apply@mbr.nifty.comまで、参加希望回とご連絡先をお送りください。


2010年12月6日(月)19:30~21:30
大岡淳(演出家、劇作家、批評家、パフォーマー、月見の里学遊館芸術監督)
 「市民主導!月見の里学遊館アートディレクション」 
会場:どまんなかセンター/旧中村洋裁女学院 袋井市袋井279
参加費:無料
定員:20名
 
 
「ワークショップセンター」という珍しい冠の文化施設「月見の里学遊館」が、ここ数年元気です。設立当初から掲げていた「主体的な市民の参加」が実現されてきているように思います。その裏には、市民スタッフや事務局スタッフの想いとともに、一昨年に「ワークショップディレクター」として館にかかわり、昨年からは「芸術監督」という立場となった大岡淳さんの想いも交わり、形にしてこられた努力があるようです。
今後の地方都市での文化施設運営、文化事業を考える上で重要となる価値観の転換を、人材の流出、リーダー、潜在しているものの強さなどをキーワードにすえ、大岡さんと対話してみたいと思います。

大岡 淳(おおおか・じゅん)
1970年兵庫県生まれ。演出家・劇作家・批評家・パフォーマー。月見の里学遊館芸術監督、(財)静岡県舞台芸術センター(SPAC)文芸部スタッフ、静岡文化芸術大学デザイン学部非常勤講師。月見の里学遊館では、芸術監督として様々な主催事業をプロデュースする傍ら、芝居の演出、台本の執筆、ミュージカルの振付、パフォーマンスの出演、ワークショップ、レクチャー、トーク、さらにはTシャツの製作まで、八面六臂の活躍を見せている。来年3月には、ゴスペルオペラ『トゥリーモニシャ』を演出。SPACでは、ハイナー・ミュラー作『大人と子供によるハムレットマシーン』、SPAC俳優による『朗読とピアノの午後』等を演出。また今年10月、フランスの鬼才パスカル・ランベールとの共同演出作品『世界は踊る ~ちいさな経済のものがたり~』を成功させ話題を呼んだ。静岡市在住。




2010年12月9日(月)10:00~12:00
久保田翠(NPO法人クリエイティブサポートレッツ代表)  
「ありのままを活かした生き方 障害福祉施設アルス・ノヴァ」
会場:喫茶・飛行場 浜松市西区入野町4702-16
参加費:無料
飲み物代としてお店に200円お支払いください。
定員20名


 NPO法人クリエイティブサポートレッツの代表・久保田翠さんを迎えてのトークシリーズ3回目をおおくりします。 障害のある長男の誕生をきっかけに10年前に始まったクリエイティブサポートレッツの活動。これまで「障がい」にまっすぐ向き合ってきているが、もともと「福祉」を「やる」という意識はなく、福祉施設を立ち上げた今でも、何かを下敷きにするのではなく、ひとりひとりの当人をもとにした運営方法を試行錯誤で進めています。 社会と障がいのある人、人と人のつながり、障がいのあるなしに限らず、さまざまな人がちがいを認め合うこと。 そんなことを考えながら、10年目に障害福祉施設アルス・ノヴァを立ち上げに踏み切った経緯には、久保田さんの母親としての想いが大きく関わっています。 参加者のみなさんの想いと照らし合わせつつ、なごやかにお話できたらと思います。

久保田翠
設計事務所で環境デザインを手がけた後、障害のある子どもの誕生を機に、障害のある子どもたちの表現活動をサポートするクリエイティブサポートレッツを2000に設立。障害のある人や子どもたち、特徴のある人たちと、地域をアートでつなぐ事業を展開。2010年4月より浜松市西区入野町にて、障害のある人の福祉サービス事業を行なう施設アルス・ノヴァを立ち上げ、そこを舞台にした障害のある人を基軸とした新しい形のアートセンター、たけし文化センターを実験中。




2010年12月18日(土)14:00~16:00 湯浅真奈美(ブリティッシュ・カウンシル アーツ部長)  「ブリティッシュ・カウンシルの進める英国の国際文化交流」
会場: どまんなかセンター/旧中村洋裁女学院  袋井市袋井279
参加費:無料
定員:20名


 ブリティッシュ・カウンシルは、世界100か国に拠点を置く、英国の公的な国際文化交流機関です。日本では、1953年より活動を開始し、日英の文化の架け橋として、アーツ、英語、教育、環境・科学、社会起業家などの分野で様々な活動を行っています。
そのアーツ部門で、日本のアート関係者や自治体、NPOなどと連携しプロジェクトを進めているアーツ部長の湯浅真奈美さんを第4回目のゲストとしてお招きします。
ブリティッシュ・カウンシルが推進する英国の文化交流のあり方に加え、英国で音楽を通してホームレスの自立を促す活動をしている団体「ストリートワイズオペラ」とのプロジェクトなど日本での取り組みなどをお聞きできるかと思います。
www.britishcouncil.or.jp

湯浅真奈美
ブリティッシュ・カウンシル アーツ部長。学生時代より演劇団体に参加し、都内の小劇場での演劇公演の制作を担当。大学卒業後、国際産業見本市主催会社の広報部を経て、1991年より独立系の映画配給会社の劇場宣伝部に所属。宣伝プロデューサーとして、洋画の日本公開時のマーケティング、プロモーションを担当。1995年、英国の公的な文化交流機関、ブリティッシュ・カウンシルのアーツチームに所属。2005年よりアーツ部門の担当部長として、日本におけるブリティッシュ・カウンシルのアーツプロジェクトを統括。日英の文化機関と連携し、アートを通した日英間の文化交流プログラムを展開。


トークシリーズ「現場のいま 社会のいま」ブログ
http://talkevent.exblog.jp/
[PR]
朝イチから一郎太さんが木工作業。なんだろー?と覗いてみたら、何か大がかりなものを作っているぞ。
トントン・カチカチ・・・作ること4時間。 なんと! Cool down部屋が完成!!!
みんながひとりになりたい、落ち着きたいなぁと思った時に安心して過ごせる小さな部屋です。
もちろんスタッフも使いますよー!
遊びにきた際は、ぜひ覗いてみてくださーい。
e0150642_182669.jpg

e0150642_18262344.jpg

e0150642_18263645.jpg
スタッフもお手伝い。
e0150642_1827202.jpg
正面
e0150642_18281644.jpg
舞ちゃんもすっかりお気に入り!一郎太さんと。
(よこやま)
[PR]
by take-bun | 2010-12-16 18:28
12月11日(土)
あきひろと散歩
看板をめでながら、袋井駅方面へ向かいました。
文字が流れるケーキ屋さんの電光掲示板を見つけ、そこを中心にぐるぐる。
定期的に電光掲示板に目を向け、いろいろな距離、角度から流れる文字を観察。
高いところに上ったり、給湯器をじっくり見たり、噴水で遊んだり、あきひろの見る集中力と遊ぶ集中力を存分に体感しました。
そんなこんなでしたが、出発前に見た杉浦さんの「壁の本」の影響もあって、みなさん壁も見つけてカメラに収めていました。
e0150642_1885178.jpg

e0150642_189188.jpg

e0150642_1892056.jpg

e0150642_1893541.jpg

e0150642_1894560.jpg


12月12日(日)
ちーくんと散歩
歩いては座り込み地面を指で読み、遠目に道路上の速度表示を見つけては走って座り込むを繰り返し、たどり着いた商工会議所の交差点で30分ほど座って信号機の移り変わりや音に注意を向けました。
コースはどまんなかセンターから半径200m程度をぐるっとまわっただけでしたが、1時間半くらいかけて、ゆっくりじっくり散歩を楽しみました。
e0150642_18102177.jpg

e0150642_18102942.jpg

e0150642_18103877.jpg

e0150642_18104757.jpg

e0150642_18105530.jpg


好天にも恵まれ、楽しい週末でした。
参加者のみなさん、あきひろくん、ちーくん、杉浦さん、ありがとうございました。
またやりたいですねぇ。

参加してくれたおかあさんがブログに書いてくれました。
http://iimonomikke.hamazo.tv/e2399424.html
http://iimonomikke.hamazo.tv/e2399434.html
[PR]
現在、浜松市の委託を受けておこなっている人材育成事業の一環として、浜松市中心市街地で活躍されている人へのインタビューを毎月1回公開で開催します。
トークイベントではなくインタビューですので、ご興味ある方は、聞いてみたいことを用意してご参加ください。

第1回目はゆりの木通り商店街にある田町パークビルの管理をしつつ、商店街をおもしろくしようと奔走している鈴木基生さんです。
商店街でのイベントの企画・運営だけでなく、ご自身の管理されているビルの部屋をアーティストのアトリエやシェアオフィスとして開放したりしています。

---------------------------------------------------------
「こまっちんぐ 田町パークビル・鈴木基生さん」
日時:2010年12月17日(金)19:00~20:30
場所:machinoba 浜松市中区田町327-24 7F
定員:5名(要予約)
お申し込み先:NPO法人クリエイティブサポートレッツ apply@mbr.nifty.com


※この企画は「コミュニケーションを核とした地域づくりを推進する人材育成事業」の一環として、NPO法人クリエイティブサポートレッツが浜松市の委託で企画・運営しています。
[PR]
たけぶんハッシン! プログラム まち歩きワークショップ
「あきひろと散歩」「ちーくんと散歩」

リーダーの向ける町への個人的な興味を一緒になって実行し、おもしろがり、記録し、考え、話し合いながら、町を歩いてまわります。終了後はどまんなかセンターで、それぞれの参加者が集めた記録を持ち寄り、杉浦さんと一緒に、お茶を飲み体を温めつつ、散歩を振り返ってみます。

【日程】
2010年12月11日(土)13:00~16:00
白畑あきひろ & 杉浦貴美子の巻
2010年12月12日(日)13:00~16:00
小出千博 & 杉浦貴美子の巻

【開催場所】
どまんなかセンター/旧中村洋裁学校周辺(袋井駅から徒歩5分)

【参加費】
無料

【定員】
5名程度

【ゲストリーダー】
白畑あきひろ(興味のひかれるもの:看板、町並みなど)
月見の里学遊館、たけし文化センターに常連で、白畑家の長男。自閉症。看板に熱いまなざしを向ける。母親は、なんでもやってみようと始めたワークショップ会「ピチャカマジカ」の立ち上げメンバー。

小出千博(興味ひかれるもの:マンホール、イス、壁の穴、自転車、消火器など)
浜松市の福祉施設アルス・ノヴァの児童デイサービスを利用している16歳。散歩中に興味をひかれるものを次々と見つけていく丁寧な散歩が得意。

杉浦貴美子(興味ひかれるもの:壁、地図、平面構成、色、ミクロ目線など)
1974年愛知県生まれ東京都在住。壁写真家。テキスタイル作家活動を経 て、4年ほど前から街のなかの壁を撮るように。2008年より壁に関する作品展示&ワークショップを開催。 2009年に写真集『壁の本』を洋泉社より刊行。平面構成と色に対する執着はテキスタイル作家時代から、ミクロ目線は 幼少から。
ホームページ http://www.heuit.com/

【同伴地元住民】
倉田布美江(倉布人建築事務所、C-Square主宰)
[PR]
NPO法人岡山ハート・アートおかやまの田野さんからモモピクが届きました!
一部は一郎太さんが買って、一部は「モモピク一人旅」と題し、芸術と食の地産地賞プロジェクトの材料として提供してくれました。
12月26日の一郎太会でなにかにして、レシピを公開しますね。

e0150642_18475814.jpg
なんだ!?
e0150642_1848411.jpg
これがモモピク!
e0150642_18474974.jpg
田野さん、湯月くん、丹正くん、ありがとうございました。期待してまっててください。
(いちろうた)
[PR]
レッツの人材育成事業のプログラムに組み込まれている創作ワークショップ参加者との事前顔合わせを兼ねておこなったトークイベント
楽しい時間になりました

参加者のみなさん、遅くまでありがとうございました。
岸井さんも時差ボケの中おつかれさまでした。

e0150642_11361594.jpg

e0150642_11362973.jpg

[PR]
←menu