カテゴリ:基本情報( 8 )

たけし文化センターのブログへようこそ。
たけし文化センターは、静岡県浜松市に拠点を置くNPO法人クリエイティブサポートレッツが運営する文化事業の名称です。
このブログではたけし文化センターの活動と最新情報をお届けします。

たけし文化センターとは?
たけし文化センターは、「くぼたたけし」という一個人の「やりたいことをやりきる熱意」を文化創造につながるもっとも重要な部分として捉え、そうした彼の功績を讃え始動した公共文化施設プロジェクトです。
「個人の持つ文化の発信拠点」として、あらゆる人の技術や表現力、特性を掘り起こし、そうした文化のつながりやすり合わせから生まれる新しい「なにか」を、広く社会に発信していきます。
またたけし文化センターは、そのつど対象となる場所や組織や人の持つ(付随する)想いを文化発信とシステムづくりを通して具体化し、関わる人すべてにとって都合のいい形での成就を志します。

くぼたたけしとは?
1996年2月1日静岡県浜松市に重度の知的障害児として生まれる。現在、静岡県立浜松特別支援学校高等部3年生。紙をやぶったり、石をボウルで転がしたり、キラキラしたものを追いかけたり、毛布の中にくるまったりと自らが心地よいと感じることを追求する行為を得意とし、不快なことに対しても敏感に反応を示すが、さまざまな状況に対する適応力もあり、学校での生活などを通して社会性も育まれている。とにかくよく動く。



現在、法人の運営する二つの拠点のディレクションをしながら、その他地域の様々な場面に関わっています。
障害福祉サービス事業所ARSNOVA(アルス・ノヴァ)

障害福祉施設アルス・ノヴァの紹介
設立10年目を迎えたNPO法人クリエイティブサポートレッツが2010年4月に開設した障害福祉施設。知的、精神、身体の三障害をもつ人たちを対象とした、自立支援法に基づいたサービスを提供している。
運営方針には、母体であるクリエイティブサポートレッツの理念を色濃く反映しており、自己肯定感を持ちながら、人として幸せに生きてゆくことを第一に考えている。障害を個性と捉え、個人個人のやりたいことや秘められた能力にあわせてプログラムを組み、個々の特性を基にした社会とのコミュニケーションのあり方を追求している。

現在提供している福祉サービス
児童デイサービス(児童対象の放課後支援)
生活訓練(18歳以上の大人を対象としたデイサービス)
生活介護
日中一時支援

アルス・ノヴァのブログ
welfare!!!?!!!!! 障害福祉施設の類まれなる日常
   アルス・ノヴァの日常を題材にした4コマ漫画(不定期連載)

たけし文化センターINFO LOUNGE(情報センター)
浜松市中心部に位置する立体駐車場の1階に、2010年6月オープンした情報センター。常時数百のイベントや店舗情報チラシが集積されている。
チラシは常時受付中ですので、持ち込みまたは郵送でお届けください。

たけし文化センターINFO LOUNGEのブログ
[PR]
3月

2日(水)
19:00~  
「尊敬できる防災頭巾づくり」
参加者募集中


3日(木) 
10:30~12:00 
公開インタビュー「こまっちんぐ4」
ゲスト:前原本光


5日(土) 
AAF2011 ネットワーク会議

6日(日)
AAF2011 ネットワーク会議

11日(金)
19:30~21:30 トークシリーズ11
「コミュニティアート(多文化共生としての)」
ゲスト:ホシノマサハル(コミュニティアーティスト)
参加者募集中


12日(土)
19:30~21:30 トークシリーズ12
「コミュニティ再生の視点に立つ社会福祉の再構築」
ゲスト:稲松義人(社会福祉法人小羊学園理事長)
参加者募集中


15日(火)
11:00~12:00 出張ワークショップ
「ちゃれんじアート」根洗学園※


19日(土)
10:30~12:00 Art in Community 2

4月

14日(木)
19:30~21:30 トークシリーズ13 
「テコの原理 ソーシャルベンチャーteco LLCの人を繋げるデザインと発想」
ゲスト:立木祥一郎(teco LLC代表)
参加者募集中


16日(土)
10:30~12:00 Art in Community 2

28日(木)
19:30~21:30 トークシリーズ14
「アートから起動する地域のイノベーション」
ゲスト:吉本光宏(株式会社ニッセイ基礎研究所芸術文化プロジェクト室長)
参加者募集中


29日(金・祝)
19:30~21:30 トークシリーズ15
「現実少女たち」
ゲスト:橘ジュン(NPO法人BONDプロジェクト代表理事)
参加者募集中



※根洗学園でおこなわれる企画に同行希望の方は、事前にレッツにご連絡ください。
[PR]
こんにちは。
今日はたけし文化センターARSNOVAの中を紹介します。

1階
e0150642_1285393.jpg

主な利用
・事務所
・アルス・ノヴァ自立訓練作業部屋(個人発行フリーペーパー「Destiny」編集部など)
・アトリエ、演奏部屋
・イベント、講座開催
 (アトリエプラス、Art in community 2、芸術フォーラム、浜松喪失報告会など)

クリエイティブサポートレッツとアルス・ノヴァの事務所が奥の部屋にあり、スタッフはそこで事務をします。たけぶんのスタッフでもある鈴木は手前の部屋の円卓にPCを置いて、受付もしつつ、来た人と話しながら仕事場にしています。
車通りの激しい道に面しているので、落ち着いて過ごせるアルス・ノヴァメンバーが1階で過ごしています。
安全のため、時々正面入り口の鍵が閉めてある時があります。1階にはだれかしらいるのでノックして知らせてください。

2階
e0150642_1291519.jpg

e0150642_1292384.jpg

主な利用
・アルス・ノヴァ自立訓練作業部屋、児童デイサービス遊び部屋
・アトリエ、演奏部屋
・イベント、講座開催(インコハクビーツ・リハ、一郎太会など)

畳の上にパンチ・カーペットが敷いてある心地いい空間。
自立訓練を利用しているアルス・ノヴァメンバーで、1階では過ごしづらい人がこの階を居場所にしています。児童デイサービス利用の子ども達も広いスペースや音楽好きなメンバーがいることもあります。
インコハクビーツのリハはこの階でやっています。

3階
e0150642_12451176.jpg

e0150642_1245227.jpg

主な利用
・アルス・ノヴァ児童デイサービス

アルス・ノヴァこどもメンバーがおやつを食べたり、かばんを置いていたり、思い思いに過ごしていたりします。もともと住居だった階なので小部屋がたくさんあります。風呂あり。

4階小部屋・屋上
e0150642_12454946.jpg

e0150642_1246393.jpg

e0150642_12461172.jpg

e0150642_12463146.jpg

e0150642_12464119.jpg

主な利用
・物置
・散歩、気分転換
[PR]
「たけし文化センターARSNOVA」は、浜松市西区入野町でNPO法人クリエイティブサポートレッツが新たに始めた障害福祉施設ARSNOVA(アルス・ノヴァ)に設置された文化芸術施設です。
個人保有の文化の発信拠点、コミュニティスペースとして常設されています。


【たけし文化センターARSNOVA基本情報】                    

施設名称 たけし文化センタ−ARSNOVA(アルス・ノヴァ)
開館時間 9:00~19:00(延長される場合あり)
休館日  日曜日

アクセス 〒432−8061 静岡県浜松市西区入野町8923-4 松下ビル
       TEL  053−440−3176
       MAIL   lets-arsnova@nifty.com
       BLOG http://takebun.exblog.jp
       TWITTER cslets
駐車場に限りがあり、特に夕方はお迎えがあるので混雑します。
最寄の大型施設をご利用いただいたり、公共交通機関をご利用ください。
お車でお越しの際は到着前にご連絡いただけるとありがたいです。


運営   NPO法人クリエイティブサポートレッツ たけし文化センター



[PR]
2009年10月から2010年3月の間、たけし文化センターは浜松市と恊働で浜松市中心市街地の空き店舗において、「たけし文化センターBUNSENDO」を開館しました。
たけし文化センターBUNSENDO基本情報 

たけし文化センターBUNSENDO事業案内 

たけし文化センターBUNSENDOスケジュール 

たけし文化センターBUNSENDO募集案内 
[PR]
久保田壮

1996年2月1日静岡県浜松市に重度の知的障害児として生まれる。現在、静岡県立浜松特別支援学校中等部2年生。紙をやぶったり、石をボウルで転がしたり、キラキラしたものを追いかけたり、毛布の中にくるまったりと自らが心地よいと感じることを追求する行為を得意とし、不快なことに対しても敏感に反応を示すが、さまざまな状況に対する適応力もあり、学校での生活などを通して社会性も育まれている。とにかくよく動く。インコハクビーツというロックバンドのメンバーでもある。
[PR]
たけし文化センターBUNSENDO 事業案内

通常業務

たけぶんカフェ                               
さまざまな人たちが交流するためのオープンスペースカフェ。ドリンクメニューも実験的に参考価格のみで販売、値段を決めるのはあなたです。また遊び場として活用してもOKです。楽器や画材、なども置いてあります。

文化相談                                     
個人的な困りことから、企画の提案、文化政策まで、文化による解決を目指します。
お申し込みは直接ご来館か、メールにてお申し込みください。

お申し込みはこちらへ

たけぶん貸しまくり(貸し館)                        
たけし文化センターBUNSENDOでは常時、オープンスペースを無償で貸出しています。会議や公民館の絵画教室、外国語講座、出張講義、演劇に展覧会、スポーツチャンバラなど、どんな企画でも随時募集しています。

お問い合わせはこちらへ

文化発信事業

分野の枠に収まらない固有の文化価値を掘り起こし、社会とつなげ発信するプロジェクトの企画運営を行います。詳細は随時お知らせします。
[PR]
「たけし文化センターBUNSENDO」は個人保有の文化の発信拠点であり、全ての市民のためのコミュニティスペースとして、浜松市中心市街地に2010年3月21日まで開館しています。

たけし文化センターBUNSENDO基本情報                     

施設名称 たけし文化センタ−BUNSENDO
開館時間 11:00〜20:00
休館日  月曜日(月曜祝日の場合開館、翌日休み)※冬期休業12月24日〜1月7日

アクセス 430−0939 静岡県浜松市中区連尺町314−1
     TEL 053−454−4727
     MAIL lets-arsnova@nifty.com  
e0150642_17142787.jpg


主催   浜松市・NPO法人クリエイティブサポートレッツ・たけし文化センター


スタッフ紹介                                 
鈴木一郎太
深澤孝史
夏目はるな
小栗和敏

運営母体 NPO法人クリエイティブサポートレッツ
[PR]
←menu