シンポジウム「3月16日土曜日は、文化芸術をたっぷり考える」


「ささえるワールドカフェ in ふじのくに 3月16日土曜日は、文化芸術をたっぷり考える」

 私たちNPO法人クリエイティブサポートレッツは、障害と社会というテーマにアートを取り入れた活動を、2000年から続けています。一方、全国に目を向けると、地域・生活・福祉・教育・子ども・まちづくり・防災・中山間地など、様々な分野と連動した文化芸術プロジェクトが多々展開されています。

 そうした背景には、社会に対する文化芸術の可能性に期待が集まっていると言えると思います。それはどういった点なのでしょうか?実際にはどのような活動があるのでしょうか?そして、そのように地域とともにある文化を支えるために、どのようなことが必要なのでしょうか?
 ゲストによるトークと事例紹介とともに、参加されたみなさまと言葉を交わし、探っていきたいと思います。

 同時にそうした議論を通して、文化活動関係者、行政関係者、文化施設関係者、文化芸術に関心を持った他分野の方々とのカジュアルな交流の機会としていきたいと考えています。

 みなさまのご参加をお待ちしております。

日時:2013年3月16日(土) 13:30~19:00(13:00開場)
開場:浜松市鴨江別館301号室(静岡県浜松市中区鴨江町1番地)
入場無料
要予約(予約先は一番下に記載します)

主催:静岡県
企画:NPO法人クリエイティブサポートレッツ
協力:こどもアートスタジオプロジェクト、オルタナティブスペース・スノドカフェ


●シンポジウム
●第1部「文化芸術活動の社会性と、地域と共に支えるために必要なこと」
 ・鷲田清一(哲学者、大谷大学教授)
 ・芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター、デザイン・クリエイティブセンター神戸センター長)
 ・宮城聰(演出家、SPAC芸術監督)

●第2部「みんなでフリートーク」

●事例紹介
 ・静岡県舞台芸術センター(SPAC)
 ・安倍奥の会
 ・公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団

お申し込み先:
NPO法人クリエイティブサポートレッツ
電話:053-440-3176
FAX:053-440-3175
e-mail: apply@mbr.nifty.com


[PR]
←menu