アートマネージメントに関わる公開会議のお知らせ

アーティスト・イン・ネイバーフッド 町の調査団編(仮)
公開会議「アートマネージメントっぽい人3人で町の調査団をどうやるか?」

参加者
野田智子(アートマネージャー)
蛇谷りえ(アーティスト)
石幡愛(東京大学大学院教育学研究科博士課程)
鈴木一郎太(NPO法人クリエイティブサポートレッツ)

 クリエイティブサポートレッツは、昨年4月から浜松市西区入野町に障害福祉サービス事業所アルス・ノヴァをオープンし、閉じてしまいがちな福祉施設をいかに地域に開き、日常的な関係をつくってゆくかを常に模索して運営しています。そのひとつのきっかけとして、古くは隣の佐鳴台も町内に含み、浜松市西部の拠点地域として発展してきた入野町を外部の視点を入れて調べてみたいと思っています。固定されない視点で調査をしてゆくことで、さまざまな企画がうまれる土壌をつくることができるのではないか、という思いからです。

 11月から浜松市入野町で町の調査団を立ち上げます。その船頭役として3名のアートマネージメントの知識と実践経験を持つ人にお願いしました。
 それぞれの興味はどこにあるか?どのように、プロジェクトを進められるか?そもそもどんなプロジェクトになるか?などの初会議をします。
お互い知ってはいるものの、3名がこのプロジェクトのために顔あわせるのは初めてなので、いろいろなことを、それぞれの角度から、グダグダぐるぐるもやもやする会話をしていると思いますが、メンバー的にはディープなアートマネージメント、アートプロジェクト、地域コミュニティの話が時折出てくるのではないかと期待できるので、会議を公開にしようと思います。アートマネージメント、文化政策、地域マネージメントなどに興味ある方にとって有益なものとしていただける可能性があると思いますので、お時間ある方はご出席ください。

 尚、公開といっても、原則としてこのプロジェクトのために主催者含め4人の意思疎通をはかることが目的です。会議はがっつりしないと本末転倒となるため、言葉選びなどについての配慮は少ないことをあらかじめご了承ください。

また、調査団参加に興味ある方も随時募集しています。こちらに興味ある方は、NPO法人クリエイティブサポートレッツ(apply@mbr.nifty.com)までご連絡ください。

-----------------------------------------
アーティスト・イン・ネイバーフッド 町の調査団編(仮)
公開会議「アートマネージメントっぽい人3人で町の調査団をどうやるか?」

日時:2011年10月4日(火)16:00~20:00
場所:たけし文化センターINFO LOUNGE    
    静岡県浜松市中区田町327-13 万年橋パークビル1F
申し込み不要

[PR]
←menu