7月のトークシリーズ

7月のトークシリーズのお知らせです。
参加費は無料ですが、要予約で、各回定員20名ほどとなっています。
お申し込みは、apply@mbr.nifty.comまでメール、または053-440-3176までお電話ください。
みなさまのご参加お待ちしています。


19
2011年7月15日(金)19:30~21:00
上田假奈代(詩人、NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表)
「大阪西成のココルーム」
会場:障害福祉サービス事業所 アルス・ノヴァ 静岡県浜松市西区入野町8923-4

 「ココルーム」は、「特定非営利活動法人こえとことばとこころの部屋」の通称です。ホームページをみるとコンセプトの中で、「こえ(表現と実践)」と「ことば(伝達と探求)」を「こころ(自立と自律)」の確立へ向けてゆくということが書かれています。日本最大のドヤ街・大阪西成(釜ヶ崎、あいりん地区)で、“おっちゃん”たちと日常を共にするコミュニティカフェを拠点に、さまざまな活動を続けているココルーム、その代表である上田假奈代さんをお迎えします。
 西成のドヤ街とは実際にどのようなところなのか?今はどんな状況に置かれているか?そして、“おっちゃん”たちに対する厳しさと優しさを持って、そこにいる上田さんはどんな考えを持っているのか?
 2003年に団体を立ち上げ、ソーシャルインクルージョン(社会的包摂)という概念を具体化するひとつのかたちとしての「アート」により、「地域の人々とであい、問題や課題を事業にする、あるいは人をつなぐといったことをしてきた(「こころのたねとして」より抜粋)」上田さんにお話を聞こうと思います。
 ココルーム発足から現在までのお話と、西成住民の状況と上田さんのまなざしなど。

[ゲスト・プロフィール]
上田假奈代(闘う詩人・詩業家)
 1969年生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。92年から障がいをもつ人や社会人、子ども対象の詩のワークショップを手がける。01年「詩業家宣言」を行い、さまざまなワークショップメソッドを開発し、全国で活動をつづける。03年ココルームをたちあげ「表現と自律と仕事と社会」をテーマにホームレスや高齢者、ニート、教育、環境など社会的な問題にも取り組む。西成区釜ヶ崎で「インフォッショップ・カフェ ココルーム」と「カマン!メディアセンター」を運営。NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表、大阪市立大学都市研究プラザ研究員。
「ココルーム」サイト→http://www.cocoroom.org




20
2011年7月16日(土)14:00~16:00
吉富志津代(NPO法人多言語センターFACIL)
「神戸の多文化共生」
会場:たけし文化センターINFO LOUNGE 浜松市中区田町327-24 万年橋パークビル1F
(※お越しの際は、万年橋パーキング、もしくは近隣の駐車場をご利用下さい。)

 1995年の阪神大震災時に、外国籍の人達が緊急情報をなかなか得ることができず苦労をされたことから立ち上がったミニFM局が発端となり、今では韓国語、ベトナム語、タガログ語、英語、ポルトガル語、スペイン語でのラジオ番組配信をおこなうようになった「株式会社エフエムわぃわぃ」は立ち上がりました。そして、現在老若男女、多文化で多国籍な人々が集まる「たかとりコミュニティセンター」の中に拠点を構えています。
 大きな天災による喪失感の中、救援活動を通して人々のつながりが生まれましたが、そこからは細分化された活動が生まれ進化してきたといいます。
 どのような展開が生まれ、活動間の連携や、当時の想いはどのように具現化されてきているのか、こうした神戸での動きに深く関わり続けてこられた吉富さんにお話を伺おうと思います。

[ゲスト・プロフィール]
南米の領事館勤務などを経て、震災時の多言語コミュニティ放送局「FMわぃわぃ」立ち上げをきっかけに、現在は多言語環境促進や青少年育成を切り口に在日外国人コミュニティの自立支援活動に従事。その他、NPO法人FMわぃわぃ専務理事、NPO法人たかとりコミュニティセンター常務理事、ひょうご市民活動協議会共同代表、財)兵庫県人権啓発協会人権問題研究アドバイザー、兵庫県県民生活審議会委員、関西大学/京都外国語大学非常勤講師など。 京都大学博士(人間・環境学)、神戸大学修士(国際学)。
 主な著書は、『多文化共生社会と外国人コミュニティの力』現代人文社(単著)『コミュニティメディアの未来』晃陽書房(共著)『「多文化パワー」社会』明石書店(共著)など。



【会場のご案内】
障害福祉サービス事業所 アルス・ノヴァ 
(静岡県浜松市西区入野町8923-4)



たけし文化センターINFO LOUNGE 
(浜松市中区田町327-24 万年橋パークビル1F)
※お越しの際は、万年橋パーキング、もしくは近隣の駐車場をご利用下さい。

[PR]
←menu