岸井大輔による個人的交配キャラバン 1

岸井大輔による個人的交配キャラバン 1
「たけし文化センターに古新舜を紹介する」


こんにちは、劇作家の岸井です。
専門とか業界とか地域を越えた交流が世界を生み出しているなー
でも、見えない壁がたくさんあって、隣り合っている人たちが繋がらないこともあるなあ
と、最近ますます強く感じます。

ありがたいことに、仕事でいろんな人に出会うので、
個人的に面白いと思う出会いを創りだして公開していこうと思いました。

第一回となる今回は映画監督の古新さんと、静岡県浜松市にあるたけし文化センターです。
以下にそれぞれの経歴を貼っておきました。どちらも、おかしいです。でも、どちらもこの世界に必要な活動だと思います。

古新さんの映画を見て、たけぶんの紹介をきいて、みんなで話しましょう。

2011年3月22日(火) 19:30~21:30
場所:たけし文化センターアルス・ノヴァ 2F 
静岡県浜松市西区入野町8923-4
出演:古新舜・鈴木一郎太(たけし文化センター)・岸井大輔(劇作家)
参加費:カンパ歓迎(お申し込みは、いりません)


建物前の駐車スペースに空きがなかった場合お手数ですが、地図に記してあるアルス・ノヴァの駐車場をご利用ください。☆マークが駐車場、桜マークがアルス・ノヴァです。原則として、地面にある木枠の中に駐車してください。八幡神社の脇を抜けて歩いてアルス・ノヴァに出られます。



***

古新舜 http://www.coneyshun.blogspot.com/
こにい しゅん 1981年生 映画監督、脚本家
主な作品 『サクラ、アンブレラ』『ほわいと。ポーズ』『koganeyuki』『幸せ物語』シリーズ
幼少期から虐めの体験があり、大学時代はひきこもりをしていたとされる。当時立ち上げたHP「ネチケットってな~に!?」が多数メディアに取り上げられ有名サイトになる。23歳から映画の勉強を始め、川口市SKIP CITYにて下積みを体験。その当時仕えていた監督には、窪田崇、林弘樹などがいる。早稲田初の映画制作研究室の1期生として卒業後、デジタルハリウッド総合ProコースにてVFXを勉強。
2007年の初監督短編映画『サクラ、アンブレラ』が米国アカデミー賞公認短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバルにて入選を皮切りに、TSSショートムービーフェスティバルIV「グランプリ」、山形国際ムービーフェスティバル2008「準グランプリ(部門最高賞)」と「船越英一郎賞(最優秀俳優賞)」をW受賞の他、国内映画祭で賞を総なめする。短編2作目「ほわいと。ポーズ」にてショートショートフィルムフェスティバルジャパン部門入選、二連続の快挙を果たす。短編三作目「koganeyuki」ではミスマガジングランプリであり、第81期NHK朝の連続テレビ小説主演の倉科カナ、仮面ライダー剣の天野浩成を起用。2nd Asian Hot Shots BerlinやJapan Film Festival Los Angeles にて正式招待を受ける。春、夏、秋冬からなる季節もの短編三部作として、短編映画の世界で名前を馳せるようになる。
26歳で映画製作会社コスモボックス株式会社を設立。27歳で「koganeyuki~古新舜短編三部作~」を渋谷UPLINKにて興行。東京ミュージック&メディアアーツ尚美で講師を務める。2009年には、日米同時開催映画祭「シネリンピック」を立ち上げる。

***

たけし文化センター http://takebun.exblog.jp/
たけし文化センターは、「くぼたたけし」という一個人の「やりたいことをやりきる熱意」を文化創造につながるもっとも重要な部分として捉え、そうした彼の功績を讃え始動した公共文化施設プロジェクトです。「個人の持つ文化の発信拠点」として、あらゆる人の技術や表現力、特性を掘り起こし、そうした文化のつながりやすり合わせから生まれる新しい「なにか」を、広く社会に発信していきます。またたけし文化センターは、そのつど対象となる場所や組織や人の持つ(付随する)想いを文化発信とシステムづくりを通して具体化し、関わる人すべてにとって都合のいい形での成就を志します。現在、「たけし文化センターARSNOVA」が、障害福祉施設アルス・ノヴァに混設されています。

・くぼたたけしとは?
1996年2月1日静岡県浜松市に重度の知的障害児として生まれる。現在、静岡県立浜松特別支援学校中等部3年生。紙をやぶったり、石をボウルで転がしたり、キラキラしたものを追いかけたり、毛布の中にくるまったりと自らが心地よいと感じることを追求する行為を得意とし、不快なことに対しても敏感に反応を示すが、さまざまな状況に対する適応力もあり、学校での生活などを通して社会性も育まれている。とにかくよく動く。インコハクビーツというロックバンドのメンバーでもある。

・障害福祉施設アルス・ノヴァとは?
設立10年目を迎えたNPO法人クリエイティブサポートレッツが2010年4月に開設した障害福祉施設。知的、精神、身体の三障害をもつ人たちを対象とした、自立支援法に基づいたサービスを提供している。運営方針には、母体であるクリエイティブサポートレッツの理念を色濃く反映しており、自己肯定感を持ちながら、人として幸せに生きてゆくことを第一に考えている。障害を個性と捉え、個人個人のやりたいことや秘められた能力にあわせてプログラムを組み、個々の特性を基にした社会とのコミュニケーションのあり方を追求している。

現在提供しているサービス 
児童デイサービス(児童対象の放課後支援) 
生活訓練(18歳以上の大人を対象としたデイサービス) 
日中一時支援
[PR]
←menu