3月のトークシリーズ

2月20日に予定しておりました座波カルロスさんの回は延期となりました。日程はおってご連絡いたします。
事前告知で3月5日となっていた稲松義人さんの回は、3月12日に変更となりました。
ご迷惑おかけしてもうしわけありません。


11
2011年3月11日(金)19:30~21:30
ホシノマサハル(コミュニティーアーティスト)  
「コミュニティアート(多文化共生としての)」
会場:手打ち蕎麦naru奥のスペース 浜松市中区板屋町102-12 2F

naruさんのお蕎麦とてもおいしいので、お時間ある方はトーク前にぜひ食べてみてください。豆乳蕎麦おすすめです。ホームページ http://www.narusoba.com/

芸術を通して社会の隔たりをなくし、社会を成熟させていく必要性から生まれるホシノさんのさまざまな活動は、悩み、考え抜いた末に実行されている印象をいつもうけます。(真綿にくるまれたようにやさしく?)出てくる草の根活動的なワークショップや、展覧会には、ホシノさんの人間社会への根源的な興味と追求が見え隠れしています。
アメリカで、そして日本で常に関わる人と議論を交わしながら活動してきたホシノさんとお話しにきてみませんか?

ホシノマサハル
コミュニティアーティスト。86年~97年までアメリカに滞在し、コミュニティアーティストとして活動。現在、浜松市浜北区にある、シルクスクリーン版画工房、株式会社エディションE.D.の代表もつとめる。
2011年「Terminal of Books ~みんなで持ち寄ってつくる本の展覧会~」開催予定。
詳しくはホームページでどうぞ。http://terminal-of-books.jimdo.com/
主な経歴
マルチカルチャープログラム(C・A・C(カリフォルニアアートカウンシル))
プログラム、ワークショップ(マニアルアーツハイスクール)
プログラム、ワークショップ(オレンジウッドスクール)
来るべき芸術のためのワークショップ(ミュージアムマネージメント研究会)
元気になるアート展ワークショップ担当(障害者芸術文化協会)
視覚障害者のための鑑賞ツアー(エイブルアートジャパン ミュージアムアクセスグループMAR)
旅する絵本カーニバル(絵本カーニバル実行委員会)
NPO法人クリエイティブサポートレッツ アートディレクター
こどもアートスタジオ ワークショップディレクター


12
2011年3月12日(土)19:30~21:30
稲松義人(社会福祉法人小羊学園理事長)  
「コミュニティ再生の視点に立つ社会福祉の再構築」
会場:障害福祉サービス事業所アルス・ノヴァ 浜松市西区入野町8923-4
 

1966年開設の社会福祉法人小羊学園で理事長を務められる稲松義人さんは、会報誌の中で、一般的価値観の中では低く見られる重い知的ハンディのある人たちは、私たちにこれまでとまったく違う生き方を教えてくれると言います。彼らが他の人とともに、ありのまま精一杯生きる関係の中で輝き、私たちの社会にひとすじの光を見出すきっかけとなる。そこには稲松さんの、子ども、高齢者、多文化、障がいといった分野が抱えるさまざまな課題に複合的に取り組むコミュニティ再生の意識が強くあります。
 時代がすすむにつれ、社会の価値観は変化してきます。
長年、浜松で障がい福祉の現場にたずさわってきた稲松さんに、その体験から見てこられた社会と福祉のうつりかわりから、現在行われている試みなどお聞きしたいと思います。

稲松義人
兵庫県出身。大学で福祉を学び、1979年4月知的障害児施設小羊学園に児童指導員として就職。成人入所施設勤務を経て1990年法人事務局長。創立理事長急逝により1995年より理事長に就任。2008年最初の入所施設を新しい発想で「三方原スクエア」に改装。2009年度より南区にあるアンサンブル江之島内の事業所の管理者を兼務している。

[PR]
←menu