人材育成について、あれこれと話します

「人材育成について、あれこれと話します」

NPO法人クリエイティブサポートレッツが11月からスタートする1年間の人材育成プログラム「コミュニケーションを核とした地域づくりを推進する人材育成事業」に先立ち、
どんな内容なのか、どんなことを考えてプログラムを作ったのか、こうしたらよくなるんじゃないか?、他の場所で行なうにはどんな形がいいだろうかなど、いろいろ派生させた話をしようと思います。

【コミュニケーションを核とした地域づくりを推進する人材育成事業】
2010年11月から翌年10月まで、浜松市の依頼を請けNPO法人クリエイティブサポートレッツが行なう人材育成事業。

現場視点と俯瞰視点のバランスを保ちながら、コミュニケーションを軸としたコーディネート力と実行力を発揮し、市民活動はもとより仕事や生活の場など、地域のさまざまな場面で
臨機応変に中間支援的な役割を荷うことのできる人材の実地研修プログラムです。
さまざまな分野にわたる20名ほどのゲストによるトークシリーズや、現場研修、創作ワークショップ、アーティスト×現場のワークショップなどへの参加とともに、その運営をおこないます。



ゲスト質問者:
岸井大輔さん(劇作家)
椎名保友さん(予定)(NPO法人日常生活支援ネットワーク)

応答:鈴木一郎太(NPO法人クリエイティブサポートレッツ)



【ゲストプロフィール】
岸井大輔1970年生。劇作家。
他ジャンルで追究された創作方法による形式化が、演劇においても可能かを問う作品群を制作発表している。2008年よりplayworks主宰。http://plaza.rakuten.co.jp/kishii/

椎名保友1975年東京生まれ。1999年大阪芸術大学芸術計画学科卒。大学卒業後、新劇の老舗劇団に就職。
2001年より「パーティ・パーティ」の母体である特定非営利活動法人 日常生活支援ネットワークに転職。
日常生活支援ネットワークでは
地域で生活する障がいのある方や施設入居している方の支援
障がいのある方への地域支援に取り組まれる支援者の育成と支援
誰しもが住みやすい”まち”になるためのネットワークつくり
を掲げ、1996年より地域に捉われない活動を行なう。 その中で、現場での介助、介助者コーディネート、施設ガイドヘルプ、ヘルパー講座主催、社会的ネットワークつくりを担当。2008年より、大阪府下で地域の障がい者に携わる支援者の募集・人材育成のための連携事業「福祉・介助者ポジティブネットワーク」を立ち上げ。地域福祉業界の周知と盛り上げ。所属団体や活動地域、分野を越えて、互いに育てあう場つくりに取り組む。


--------------------------------------------
「人材育成について、あれこれと話します」
日時:2010年10月21日(木)20:00~21:30
場所:アルス・ノヴァ
   静岡県浜松市西区入野町8923-4
参加費:無料

お問い合わせ:NPO法人クリエイティブサポートレッツ lets-arsnova@nifty.com

[PR]
←menu