たけし文化センターのブログへようこそ。
たけし文化センターは、静岡県浜松市に拠点を置くNPO法人クリエイティブサポートレッツが運営する文化事業の名称です。
このブログではたけし文化センターの活動と最新情報をお届けします。

たけし文化センターとは?
たけし文化センターは、「くぼたたけし」という一個人の「やりたいことをやりきる熱意」を文化創造につながるもっとも重要な部分として捉え、そうした彼の功績を讃え始動した公共文化施設プロジェクトです。
「個人の持つ文化の発信拠点」として、あらゆる人の技術や表現力、特性を掘り起こし、そうした文化のつながりやすり合わせから生まれる新しい「なにか」を、広く社会に発信していきます。
またたけし文化センターは、そのつど対象となる場所や組織や人の持つ(付随する)想いを文化発信とシステムづくりを通して具体化し、関わる人すべてにとって都合のいい形での成就を志します。

くぼたたけしとは?
1996年2月1日静岡県浜松市に重度の知的障害児として生まれる。現在、静岡県立浜松特別支援学校高等部3年生。紙をやぶったり、石をボウルで転がしたり、キラキラしたものを追いかけたり、毛布の中にくるまったりと自らが心地よいと感じることを追求する行為を得意とし、不快なことに対しても敏感に反応を示すが、さまざまな状況に対する適応力もあり、学校での生活などを通して社会性も育まれている。とにかくよく動く。



現在、法人の運営する二つの拠点のディレクションをしながら、その他地域の様々な場面に関わっています。
障害福祉サービス事業所ARSNOVA(アルス・ノヴァ)

障害福祉施設アルス・ノヴァの紹介
設立10年目を迎えたNPO法人クリエイティブサポートレッツが2010年4月に開設した障害福祉施設。知的、精神、身体の三障害をもつ人たちを対象とした、自立支援法に基づいたサービスを提供している。
運営方針には、母体であるクリエイティブサポートレッツの理念を色濃く反映しており、自己肯定感を持ちながら、人として幸せに生きてゆくことを第一に考えている。障害を個性と捉え、個人個人のやりたいことや秘められた能力にあわせてプログラムを組み、個々の特性を基にした社会とのコミュニケーションのあり方を追求している。

現在提供している福祉サービス
児童デイサービス(児童対象の放課後支援)
生活訓練(18歳以上の大人を対象としたデイサービス)
生活介護
日中一時支援

アルス・ノヴァのブログ
welfare!!!?!!!!! 障害福祉施設の類まれなる日常
   アルス・ノヴァの日常を題材にした4コマ漫画(不定期連載)

たけし文化センターINFO LOUNGE(情報センター)
浜松市中心部に位置する立体駐車場の1階に、2010年6月オープンした情報センター。常時数百のイベントや店舗情報チラシが集積されている。
チラシは常時受付中ですので、持ち込みまたは郵送でお届けください。

たけし文化センターINFO LOUNGEのブログ
[PR]
# by take-bun | 2014-12-31 23:59 | 基本情報
暑い日が続きますが、皆様いかがおすごしですか?
今回は哲学カフェ「かたりのヴぁ」の第三回目の告知をさせて頂きます。直前になってしまい申し訳ありません。


〜かたりのヴぁ第3回告知〜
日時:7月19日(土)
テーマ:「人との距離」
時間:①14:00〜16:00 ②19:00〜21:00
場所:のヴぁ公民館(浜松市西区入野町9156)

☆のヴぁ公民館はアルス・ノヴァから歩いて徒歩3分にあります! 
☆無料・子供さん同伴可☆

【問い合わせ】
NPO法人クリエイティブサポートレッツ
〒432-8061 静岡県浜松市西区入野町8923−4
TEL・FAX 053−440−3175
Email lets-arsnova@nifty.com
Web http//:cslets.net 
e0150642_15042099.png

 前回のテーマは「自分との付き合いかた」でした。第一部、第二部と多くの方々に参加して頂き、内容に富んだ充実した語りの場が皆さまの手によって育っています。前回の一部では、年齢層が高めだったこともあり、自分との付き合い方から派生し個人が抱える身体や心の問題を乗り越えてきた経過、そしてそんな自己を包む他者。また他者とそれらを包括する環境のお話まで、自分を包む世界とどう関わるかというところまで発展しました。
 一方、第二部では高校生さんや大学生さんなど若い方々にも参加頂き年齢層が若かったこともあり、自分との付き合い方が「自我」や「本当の自分」「自己愛」など主に、自分対自分、に絡むキーワードが多く飛び交いました。その中で派生した「自分を愛するとはどういうことなのか」という議題。そしてそれは「年をとる」ことと比例して会得するものなのか、はたまた「自己愛」とはとても政治的なんじゃないか、そもそも「自分を愛する」ってよくわからない。などなど、多方面に話が展開していきました。
 そこで、次回はそんな自分と他者との「距離」について、じっくりお話を展開していきたいと思います!皆様、ふるってご参加ください☆ 


e0150642_17491927.jpg




[PR]
e0150642_17543496.png


東日本大震災の津波被災者の語りを収めた
ドキュメンタリー映画の自主上映会を開催します。


イントロダクション
2011年10月に発表された『なみのおと』。この映画から酒井耕と濱口竜介の東北地方沿岸部での津波被災者への聞き取り活動は始まりました。その2作目となる『なみのこえ』における聞き取りは宮城県気仙沼市、福島県新地町の人々の声に焦点を絞ることで、町と個人を同時に浮かび上がらせます。そして3作目『うたうひと』は個人の体験を100年先の誰かに伝える1つのモデルとして、東北地方伝承の「民話語り」をカメラに捉えました。酒井・濱口の東北三部作は個人の「語り」とともに、それを「聞く」者の存在をはっきりと示します。「聞く」ことは、次代への伝承の条件であると同時に、震災が露にしたいくつもの分断線を越えていく術であるからです。

記録と伝承
東日本大震災の映像記録として、家庭用のデジタルカメラや小型ビデオカメラで撮影されたその場の写真や映像は正確な資料として、100 年先にも残るでしょう。しかし、こうした記録は果たして「現実感」を伝えるのに十分なものでしょうか。大災害を実際に体験した方たちはつよい現実感をもっていますが、月日の経過に伴い、体験者自身の中でも風化にして行ってしまでしょう。忘れることは、生き続ける事でもあります。膨大なデータベースの「記録」とは別に、災害に向かう「現実感」を、時間を越えて伝承していくことが必要です。
 
時代を越えた伝承
体験の「現実感」を時間と空間を隔てた人にどう届けるか。私たちはその可能性を「民話」に見ています。東北地方で多く語られる「民話」は、はるか昔から口伝えで語り継がれてきました。人から人に語り継がれる中で個人の体験談は抽象化され、その地域特有の物語として保存されたものが民話です。この民話は、その土地の地形や風習の中に入り込み、生活の中で繰り返し思い出され、時代を越えて伝わってきました。その土地で民話が語られるとき、語り手と聞き手の間に同じイメージが共有され、現実の空間と民話が重なり合います。その場に、感情を伴った強い現実感が生まれるのです。


日にち:2014年3月3日(月)
会 場:鴨江アートセンター201号室(浜松市中区鴨江町1番地)
料 金:どれでも1本1,500円、どれでも2本2,800円、3本4,000円



上映スケジュール
【午前の部】10:00〜12:25 「なみのおと」(142分)
【午後の部】14:00〜15:50 「なみのこえ 気仙沼」(109分)
【夜の部】 18:00〜20:00 「うたうひと」(120分)

※午後の部と夜の部は、上映後に30分ほど、酒井耕監督によるトークがあります。


公式サイト
「なみのおと」 「なみのこえ」 「うたうひと」


お申し込み・お問い合わせ
NPO法人クリエイティブサポートレッツ
TEL : 053-440-3176
E-mail : lets-arsnova@nifty.com


企画・主催:NPO法人クリエイティブサポートレッツ
協力:一般社団法人サイレントヴォイス
[PR]
e0150642_1194336.jpg



『地域を変えるソフトパワー』刊行記念全国縦断トークツアー2013
「見方を変える 現場が変わる」


近年、地域や社会が抱える課題に対してアートによるアプローチを試みる「アートプロジェクト」が、全国的な広がりを見せています。2011年に10周年を迎えたアサヒ・アート・フェスティバル(AAF)は、こうした動きにいち早く注目し、各地でそれぞれの課題に向き合っている団体に対する中間支援を行ってきました。

ここ浜松でも、NPO法人クリエイティブサポートレッツは、2008年度からAAFに参加し、障害福祉における課題に取り組んでいます。その活動を通してレッツが確信を強めてきたことは、個人の熱意に真摯に向き合うことによってこそ、課題の根っこを掘り下げ、新たなアプローチを見出すことができるということでした。それは、福祉に限ったことではなく、まちづくり、産業振興、子育てなど、あらゆる課題において有効なアプローチであると考えられます。また、そうした変革を成し遂げる創造力=ソフトパワーは、アーティストだけに与えられた力ではなく、市民が誰でも持っている力なのです。

このトークイベントの前半では、レッツが障害福祉施設アルス・ノヴァを舞台として取り組んできた、個人の熱意に寄り添う支援の事例をご紹介し、福祉の課題解決につながるソフトパワーについて考えます。後半では、AAFを立ち上げた加藤種男氏から、他地域・他分野のプロジェクトとその成果をご紹介いただき、暮らしのそばから地域や社会を変えていくソフトパワーについて考えます。


日時:11月24日(日)13:00〜17:00 終了後、交流会を予定しています
会場:静岡文化芸術大学 総合演習室(静岡県浜松市中区中央2-1-1)
参加費:無料(交流会は一般4000円、学生1500円)


ゲスト
加藤種男(元アサヒグループ芸術文化財団顧問、企業メセナ協議会専務理事)
1990年以来、アサヒ・アートフェスティバル(AAF)の立ち上げをはじめ、近年のアサヒビールの文化活動のすべてにかかわってきた。また、わが国の企業メセナ(芸術文化を通した社会創造)活動をリードし、現在企業メセナ協議会専務理事。NPO活動の推進にも取り組み、アートNPOフォーラムの創設に参加。文化芸術創造都市横浜などの「創造都市」の旗振り役として、横浜市芸術文化振興財団専務理事などを歴任し、現在は沖縄県、八戸市、洲本市、東京都などのアドバイザーも務める。2008年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。


お問い合わせ・お申し込み
NPO法人クリエイティブサポートレッツ
E-mail : lets-arsnova@nifty.com
TEL : 053-440-3176 / FAX : 053-440-3175


主催:NPO法人クリエイティブサポートレッツ
共催:AAFネットワーク実行委員会
助成:アサヒビール株式会社
特別協賛:アサヒグループ芸術文化財団
[PR]
# by take-bun | 2013-11-24 13:00 | お知らせ
e0150642_1219373.gif

[PR]
# by take-bun | 2013-08-29 12:19 | お知らせ
路上演劇祭Japan in 浜松2013に、アルス・ノヴァのメンバーが出演します。アルス・ノヴァの日課であるラジオ体操を、様々なバージョンで披露します。出番の合間にはお茶会などもしていますので、ぜひお立ち寄りください。

日時:2013年6月2日(日)13時~18時
   ※アルス・ノヴァがいるのは13時~16時半
場所:新川モール(遠州鉄道第一通り駅南 高架下)
詳細:http://rojojapan2012.hamazo.tv/
[PR]
昨年度実施した「みんなの居場所―放課後交流拠点実施プロジェクト」の報告書ができました。

e0150642_1757063.jpg


送付を希望される方はご連絡ください。
E-mail : lets-arsnova@nifty.com
[PR]
# by take-bun | 2013-05-01 17:57 | お知らせ
4月2日から土日を除いて10日間、朝日新聞朝刊にて、「アルスノヴァの日常 浜松の障害者施設から」という連載が始まります。 昨年秋に行ったドキュメント展「佐藤は見た!!!!!プラス」での展示品から10点選択し、新聞用に文章をリライトしたものです。静岡県内版で読めるほか、朝日新聞のウェブサイトでも読むことができます。
http://www.asahi.com/area/shizuoka/articles/list2300051.html
[PR]
# by take-bun | 2013-04-04 13:31 | arsnova
12月に対人援助学会で発表した「ヒトマト」の実践報告が好評をいただき、3月22日に京都で開かれたシンポジウム「当事者主体の学びについてー「ヒトマト」などの実践事例から考える」で、再び発表する機会をいただきました。

スライドショーはコチラ

もうひとりの登壇者の朝野浩先生(立命館大学)からは、個別支援計画を作成するにあたって、ご本人と親御さんをいかに巻き込むかということと、生涯にわたって一本につながった支援を行うために、次の組織(例えば学校から就労先)にどんな情報をどう引き継ぐかというお話がありました。それを受けて、ヒトマトに対しても、当事者参加と組織間連携の観点から、ご質問やご意見をたくさんいただきました。

使い方や活かし方をまだまだ模索中のヒトマトですが、福祉はもちろんのこと、保育や教育も含めた様々な対人援助職の方に知っていただくことで、私たちにとっても、次につながるヒントが得られるのではないかと思っています。
[PR]
# by take-bun | 2013-03-31 13:29 | arsnova
「ささえるワールドカフェ in ふじのくに 3月16日土曜日は、文化芸術と地域をたっぷり考える」というタイトルのシンポジウムを開催しました。
6時間半と長い時間でしたが、多くの方に足を運んでいただき、ありがとうございました。
e0150642_16293386.jpg

e0150642_16294391.jpg

e0150642_1629538.jpg


e0150642_163014100.jpg

SPAC(静岡県舞台芸術センター)の成島さんと奥野さんによるアウトリーチ事業、リーディングカフェについて事例紹介。

e0150642_16302451.jpg

e0150642_1632565.jpg

当日都合がつかなかった安倍奥の会は、事前に撮影したインタビュービデオでの出演となりました。

e0150642_16315397.jpg

横浜市芸術文化振興財団の里見さんには、横浜アートサイトのご紹介をお願いしました。

その後休憩をはさみ、シンポジウム1部では、ゲストに鷲田清一さん、芹沢高志さん、宮城聰さんをお迎えして、近年国内各所で見られるアートプロジェクトと地域の様々な事象との関連をテーマにお話しをお聞きしました。
e0150642_1633279.jpg

e0150642_16333564.jpg

e0150642_16334531.jpg

e0150642_16335512.jpg



最後に、参加者のみなさんと円を組み、ご意見やご質問をうかがったり、感想を言い合ったりの、フリートークの場を持ち締めくくりました。
e0150642_16341174.jpg

e0150642_16342060.jpg


会場でコーヒーなどを提供してくださったオルタナティブスペース・スノドカフェのみなさん。
e0150642_16343721.jpg


こどもアートスタジオのみなさんには、会場係、事前の打ち合わせなどでお力添えいただきました。
e0150642_1644198.jpg


IP TALKというソフトを用いて、話していることを同時タイピングで、プロジェクターに映してくれたクロくん。
e0150642_16345267.jpg

e0150642_1635063.jpg


あとアルス・ノヴァの田中さん、佐藤くんが、要点をひろっての手書きの議事録を書いていてくれました。
e0150642_16351776.jpg


みなさん、ありがとうございました。

以下、議事録の写真です。
e0150642_16353278.jpg

e0150642_16361428.jpg

e0150642_16362943.jpg

e0150642_16364254.jpg

e0150642_163654100.jpg

e0150642_1637928.jpg

e0150642_16372550.jpg

e0150642_16373874.jpg

e0150642_16374747.jpg


--------------------------------------
シンポジウム
「ささえるワールドカフェ in ふじのくに
3月16日土曜日は、文化芸術と地域をたっぷり考える」

日時:3月16日土曜日 13:30~19:00
会場:浜松市鴨江別館301号室

主催:静岡県
協力:こどもアートスタジオプロジェクト、オルタナティブスペース・スノドカフェ
企画:NPO法人クリエイティブサポートレッツ
[PR]
# by take-bun | 2013-03-29 16:45 | イベント

「ささえるワールドカフェ in ふじのくに 3月16日土曜日は、文化芸術をたっぷり考える」

 私たちNPO法人クリエイティブサポートレッツは、障害と社会というテーマにアートを取り入れた活動を、2000年から続けています。一方、全国に目を向けると、地域・生活・福祉・教育・子ども・まちづくり・防災・中山間地など、様々な分野と連動した文化芸術プロジェクトが多々展開されています。

 そうした背景には、社会に対する文化芸術の可能性に期待が集まっていると言えると思います。それはどういった点なのでしょうか?実際にはどのような活動があるのでしょうか?そして、そのように地域とともにある文化を支えるために、どのようなことが必要なのでしょうか?
 ゲストによるトークと事例紹介とともに、参加されたみなさまと言葉を交わし、探っていきたいと思います。

 同時にそうした議論を通して、文化活動関係者、行政関係者、文化施設関係者、文化芸術に関心を持った他分野の方々とのカジュアルな交流の機会としていきたいと考えています。

 みなさまのご参加をお待ちしております。

日時:2013年3月16日(土) 13:30~19:00(13:00開場)
開場:浜松市鴨江別館301号室(静岡県浜松市中区鴨江町1番地)
入場無料
要予約(予約先は一番下に記載します)

主催:静岡県
企画:NPO法人クリエイティブサポートレッツ
協力:こどもアートスタジオプロジェクト、オルタナティブスペース・スノドカフェ


●シンポジウム
●第1部「文化芸術活動の社会性と、地域と共に支えるために必要なこと」
 ・鷲田清一(哲学者、大谷大学教授)
 ・芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター、デザイン・クリエイティブセンター神戸センター長)
 ・宮城聰(演出家、SPAC芸術監督)

●第2部「みんなでフリートーク」

●事例紹介
 ・静岡県舞台芸術センター(SPAC)
 ・安倍奥の会
 ・公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団

お申し込み先:
NPO法人クリエイティブサポートレッツ
電話:053-440-3176
FAX:053-440-3175
e-mail: apply@mbr.nifty.com


[PR]
子どもたちがのびのびと過ごし、大人もほっと一息つける居場所が、家の近くにあったらいいなと思いませんか。

近年、プレーパーク、フリースクール、コミュニティスペースなど、市民が主体となった、地域の居場所づくりや子どもの遊び場づくりが日本各地で注目を集めています。異年齢の子どもどうしが出会う場。親や先生以外の様々な大人に出会う場。家や学校とは別の様々な価値観や文化に出会う場。それらは、棲み分けと管理とで窮屈になった社会に、寛容性とゆるやかなつながりを再生する、もうひとつの居場所といえるでしょう。

このトークシリーズでは、様々な子どもやその家族と関わる現場で活躍されている方や、そのような活動を支援されている方のゲストトークを基に、もうひとつの居場所と寛容性のある社会づくりと、ここ浜松で私たちができることについて、参加者も交えてざっくばらんに語り合います。

12日(火)「子育て支援の現状と課題」 終了しました
14日(木)「子ども・若者支援の現状と課題」 終了しました
19日(火)「アンテナを鍛える!子どもをよく視る!」 終了しました
21日(木)「いい加減で継続的な関わりをしよう」 終了しました
26日(火)「生きづらさを抱えた子どもたちの居場所」 終了しました

e0150642_13261067.jpg


e0150642_13263374.jpg

[PR]
アーティスト・イン・ネイバーフッドでは、糸紡ぎ作家Katie Funnelさんと一緒に、アルス・ノヴァと入野小学校の交流を深めるためのプロジェクトを行いました。

7〜8月 夏休みの校庭で染色・糸紡ぎ
9〜10月 みんなの居場所にアトリエ設置
11〜12月 アルス・ノヴァの自立訓練で織物、編物
1月 入野小6-2のみなさんと服づくりワークショップ
   アルス・ノヴァでもいろいろ制作

そして、成果発表として、1月23日(水)に開催された入野小学校の文化祭「いりっこ祭り」で、ファッションショーをおこないました。

e0150642_1383082.jpg


e0150642_138395.jpg


e0150642_1384827.jpg


e0150642_1385733.jpg


e0150642_1391122.jpg

[PR]
# by take-bun | 2013-01-26 13:07 | イベント
アルス・ノヴァの職員は、日々の支援の中で、利用者さんひとりひとりの興味関心、習慣や癖を知り、彼らの人柄の魅力、そして福祉施設の日常の豊かさに出会っています。時に職員を感心させ、驚かせ、ワクワクさせるそうした日常の些細な出来事は、職員それぞれの独自の目線によって発見されています。

2011年に引き続き、今回で2回目となったドキュメント展「佐藤は見た!!!!!!プラス」では、障害のある人に対する一般市民の認知を促し、また、多様な目線を向けることで広がる支援の可能性を示すことを目的に、職員それぞれの目線で集めたアルス・ノヴァの日常のエピソードを、文章・写真・映像などで展示しました。静岡県内外から400名を超えるご来場をいただき、今後につながるコメントやアドバイスをいただきました。ありがとうございました。

また、展示した中から10点厳選したものを、朝日新聞の静岡県内版で連載させていただく運びとなりました。2月頃から掲載される予定です。お楽しみに!

e0150642_1312424.jpg


e0150642_1312558.jpg


e0150642_1313616.jpg


e0150642_13132530.jpg


e0150642_13133627.jpg


e0150642_13135670.jpg

[PR]
# by take-bun | 2013-01-25 13:10 | イベント
アルス・ノヴァ+みんなの居場所で、マンガ部をはじめます。

イラストやマンガを描きたい人、自分が描いたものを他の人に見てほしい人、マンガにしてもらいたいネタを持っている人、誰かが描いたマンガを読みたい人、などなど、ぜひ遊びに来てください!

日時:毎週木曜日13〜15時
場所:障害福祉サービス事業所アルス・ノヴァ1F みんなの居場所(浜松市西区入野町8923-4)
参加費:無料
持ち物:筆記用具など使い慣れたものがあれば(紙やペンは多少用意があります)
お問い合わせ:lets-arsnova@nifty.com / 053-440-3175
[PR]
# by take-bun | 2013-01-16 13:23 | arsnova
←menu